スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物の裾が破れたので【裾直し】しました

超愛用していました紬の着物

裾が破れてショック。。。

2011年1月28日の日記に記載しています

八掛
コチラがその破れた裾(八掛) 




そしてその紬の着物はお直しをしてもらうことにしました

着用回数も多いですので、どうしても裾は擦り切れてしまいます

こういう場合は、本来でしたら

【解いて→洗張り(お洗濯)→仕立】

この方法が一番オススメなのです

でも、今回は自分で袷の着物が仕立てられるようになったら

この着物を‘仕立なおし’しようと思っているので

それまでの期間着れる様に【裾直し】をしてもらいました



【裾直し】とは

破れた八掛を裾の中に入れて閉じてもらいます

言葉で言うと簡単ですけど、八掛を解いて破れたところを中に

折って表にでないようにしてつけなおします 

裾に‘ふくろ’がはいらないように上手につけて縫い直すので難しい!!!作業です

※ふくろとは・・・裾がタプッとして表地と八掛がピッタリしてない状態のことです


コチラが完成した状態です
キレイになった八掛


裾がきれいですよね
裾


【裾直し】のメリットは

仕立て直しではないので、裾をなおしてまたスグに着れます

それに料金も仕立て直しするよりお安くなります 価格:7000円 

(シワがある場合は別途仕上げも必要です

全部が裾直しで対応できる訳ではありません

着物の状態によって仕立て直しをオススメする場合もございます

あくまでもご参考でお願いします)


デメリットは、破れた部分を中に入れるので裾が短くなります

(約1寸くらい短くなります:1寸=約3・8cm)



裾直しをお話させて頂きましたが、この方法は応急処置だとお考え頂きたいと思います

なぜなら、裾が破れるということは、それだけたくさん着用されてますよね

ということは、縫っている糸が弱くなってきてる可能性が高いですし

(糸が弱るとそこから破れてしまいますよー(;;))

生地もクタッと疲れた感じになってる可能性もあります

一度、ちゃんと解いて洗って仕立直しをしてあげることが

(洗張りをすると生地は元気になります←水を通すとハリが戻る為)

着物にとっては一番いいですし、更に長く着てもらえるオススメの方法です




裾が破れちゃった(><)という着物がございましたら

仕立て直ししようか、裾直しという方法にしようか・・・

という風にご参考になれば嬉しいです

お店でもお話できますのでお気軽にご相談くださいね(^^)

当店HP:http://sizukyo.sakura.ne.jp/



そんなこんなで、裾をなおしてもらった着物

嬉しくて早速着ました♪

28日の着物姿



長い文章を読んでくださって有難うございます!



明日からGWですね!当店もGW期間はお休みさせて頂きます

お休み期間 4月29日~5月5日(5月2日平日もお休みます)



ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん と読みます)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyo.sakura.ne.jp


スポンサーサイト
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。