スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い出の着物でつくる日傘


以前、阪急百貨店さんで販売されて好評で新聞にも掲載された

higasasinbun.jpg



思い出の着物でつくる
オーダーメイド日傘


こちらを当店でも取扱をさせて頂く事になりました~

袖を通すことがなくなってしまった着物を

お洒落に変身させることができる、とっても素敵なリフォームなので

ぜひともたくさんの方に知って頂きたいと思います!



出来上がりまでの流れは・・・


1.日傘にしてもいいなぁ~と思うお手持ちの着物・羽織・コートをお店にお持ち下さい


2.生地にあう手元とボタンをお選び頂きます

 手元:3種類藤・竹・桜) 
手元 藤 手元 竹 手元 桜


 ボタン:3種類
木のタイプ
ボタン 木


パールのタイプ(ホワイト/グレー)
パール ボタン パールグレー


ベルベットのタイプ(ゴールド/シルバー/ブラック)
ボタン 金 ボタン 銀 ボタン 黒


3.オーダーメイド日傘の料金をお支払い頂きます


4.日傘を製作   
   →着物を解く→着物の生地の縫い目・折り目をキレイにのばす
   →へりかけ(傘のふちになる部分を、丁寧に縫って行きます
   →断裁(着物の生地にあう木型にそって生地をカットします)
   →レース染め(レースは職人が傘の生地色に合わせ一つ一つ染めていきます)
   →生地を傘に貼ります



完成です!
こんな風に着物が素敵な日傘へと変身しました
紬 higasaaka.jpg higasakuro.jpg小紋

左から順に 大島紬の着物/赤の絞りの生地/黒地の訪問着/ピンクの小紋


このオーダーメイド日傘のいい所は


ボタン・手元が選べる!どれも高級感があり、素敵!

レースの生地
ひとつひとつ手作業で染めるので色も着物の生地との相性抜群!
レースの生地を傘に貼る技術はかなり難しく、50年以上傘を
作り続けた職人さんだからこその技でレースを貼ってもらっています
higasa reisu2


見た目のおしゃれ感は、本当に満足して頂けると思います
この日傘は重さも軽くて、実際に持っていただくと普段お使いの日傘より
軽く持っていただけます。殆どの方が軽さにも驚いて頂いてます。


おしゃれ感だけでなく、こうやって着物を日傘にして頂く事で
大事にしているけど、普段着る事のなくなった着物をまた
お使いいただける事がいいところです

お母様やお父様の着物、ご自身の若い頃に着ていた着物…
ご両親が結婚の際に持たせてくれた着物…
みなさんそれぞれの思い出がありますよね
着物は想い出がいっぱいつまった大切なものです
でも、時代の流れや生活の変化で洋服になり着物をお召し頂く
機会が減りました。袖を通す事がなくなり、箪笥にしまいっぱなし
どうしようか…とお悩みの方も多いと思います


日傘にするともう着物としては着れません
(本当は着物として来て頂きたいと思いますが)
これからなかなか着る機会がない着物であれば、日傘にされて
普段の生活に使って、あの頃の想い出をいまも身近に感じて頂く…
そんなリフォームなら着物も生かされるのではないでしょうか。

また、お母様へのプレゼントにされるのもお勧めです
着物1枚で日傘が2本作れますので、おそろいでお使い頂けます


魅力がいっぱいのオーダーメイド日傘

価格 16900円(別)
(ボタン・手元の料金と製作する着物を解くところからレースを染めてつくる出来上がりまでのすべての料金が含まれます)

解く・生地をキレイに伸ばす作業やレースを付けるのが
別に料金がかかるお店もありますので、そういった点を考慮して頂くと
お手頃な価格にしております



ネーム入れは別途400円(別)にて対応いたします
サンプルは漢字ですが、ローマ字も可です
ネーム漢字


世界に一つだけのオリジナルのお洒落な日傘

そして想い出とともに過ごす事ができる日傘

私も想い出を一つ日傘にしました(以前に紹介させて頂きました)

日傘
本当に満足できる仕上がりにうっとりしています

この嬉しい気持ちをたくさんの方にも感じて頂きたいと思います


お問合せは当店まで
静京呉服京染店 (しずきょうごふくきょうそめてん と読みます) 
 住所:大阪市中央区谷町6-8-12
 TEL・FAX:06-6761-6764
 HP:http://sizukyo.sakura.ne.jp
 営業:月―金AM10:00~PM6:00
    土(第1・3)AM10:00~PM5:00
    休み 土(第2・4・5)・日・祝



ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。