職人さんレポート【しみ抜き パート2】


職人さんレポート
しみ抜き編 パート2です!


パート1は余分に染まってしまったところを
とってしまうという達人技でしたが

今回は実際に着ている着物と長襦袢が
キレイになるところの写真をアップします



どちらも汚れてから時間の経過したもの

‘とれない’‘とりずらい’汚れです

強敵手ごわい相手ですっっ




紬の着物
袖に茶色のシミがあります
シミがついてから時間の経過が
かなり長いと思われます

7茶色のシミ


ムムム、、、意外と目立つこの茶色

着てると、いつシミをつけたか

わからないものなんですよね



では!
この茶色のシミをとっていきましょう



なんだか不思議な形の機械がでてきましたよ
年期が入ってますね


8とる作業中



まだとれてない


9まだとれてない




もうちょっと色々と(秘密の!?)作業されます




おぉ とれてきた~♪

10取れてきた



できました!

かなり薄くなりました!!


11とれた



ちょこっとだけついたシミでも

なぜかシミって目立ちます

でもこれだけとれる技術があると

困ったときの駆け込み寺

お願いするところがあると

安心できますね





もう1つ別のパターン


表側も汚れたりしますが

長襦袢の袖口(内側)

身体に直接あたる部分なので

ここもよごれます

長襦袢も着物も

袖口(内側)は要チェックなのです



では、その汚れが着になる

長襦袢の袖口、内側

汚れをとってもらいます




12長じゅばん
黄色の四角で囲んだ部分が汚れてるところです




ただ今作業中


13とれてきた



すいません!

写真が手ブレしてピンボケしてます

ガーーーン、ショック

でもキレイになったのは

わかりますでしょうか

14長じゅばんのシミとれました




料金を頂かないといけませんが

こうやってきちんとシミや汚れを

とってくださいます

困ったときは頼りになる駆け込み寺へ

駆け込んじゃいましょ♪

着物がキレイになるとすっごく嬉しいです



次回もちょこっとだけ
‘しみ抜き編パート3’を書きますね



ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyou.com






クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク