スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶箱スツールできました!


今日はあいにくの雨です(ё_ё)

でも一雨ごとに温かくなりますね

春はもうすぐ!

そして花粉も飛びます(><)

そうなんです・・・

わたくし、残念ながらすでに

マスクで接客しておりますが

ご容赦くださいませ<(_ _*)X(*_ _)>

話すがそれてしまいました~(汗)


さて!

今日は久しぶりにお仕事の内容で

アップしますね!


色々お仕事させて頂いてまして

本当はいっぱい皆様にご覧いただきたい

情報があるのですが・・・

今日は茶箱スツールです




お客様に快く掲載許可頂きまして

帯が実際にスツールになる

工程もふくめて写真を

ご覧いただきたいと思います☆ヽ(▽⌒*)




茶箱スツールは

帯を座面にした

スツールのことです

なぜ茶箱と名前が入ってるかと申しますと

スツールの内部の

木部部分にお茶を入れる

桐材を使った箱をベースとしてるからなんです





他では見ることのない商品!

それが茶箱スツールです♪



まずはスツールにする帯を

お預かりさせて頂きます


2015年3月7日1




2015年3月7日2


こちらが実際

ご依頼いただきました袋帯です

素敵な帯です♪

着用されてたものですので

折り目などなど

使用感がありました

でも大丈夫ですよ~

いい部分をスツールに使用します




座面は帯を使用しますが

周りの部分は

椅子の生地を張ります

その生地の色は

おまかせでお仕事承りました



さっそく

まどか美椅子店へ

帯をもって生地選びです


たくさんの生地サンプルを

帯にあわせておいてみます


2015年3月7日3


正直迷います

でも大丈夫です

まどか美椅子店の

まどかさんは

たくさんある生地の中から

お客様のご希望を生かして

おしゃれな色を選んでくださいます



2015年3月7日4


シンプルなインテリアに

合う様にとのご希望でしたので

まどかさんが選んだのは

アイボリーホワイトカラーの生地です!


ほんとに素敵な組み合わせになるので

ぜひ続けてごらんくださいね!



次は製作途中の写真です


生地を椅子のサイズにあわせて

裁断します

2015年3月7日5





茶箱を補強してから

まわりに

座れるように

クッション材(ウレタン等)

張っていきます

色々な種類のクッション材を

組み合わせていますので

しっかりした座り心地です


2015年3月7日6


脚の部分や

上部もウレタンを張って

生地を縫って張ります

2015年3月7日7



蓋の部分は

上部だけでなく

中までしっかり

丁寧にくるんで

クッション材と

生地が張られています

2015年3月7日8



下の部分も横にもクッション材

そして帯の生地を張ります



2015年3月7日10



2015年3月7日9





写真でご覧頂てるのは

工程の一部です

ほかにも縫製だったり

脚を作る工程だったり

細部にわたって

仕事をされています



このたくさんの丁寧な仕事をして


できあがりました

茶箱スツール




劇的な変身!

とっても素敵な姿を

見て見てくださーーーい!







ななめから


2015年3月7日11





真正面から


2015年3月7日12


真横からみると

端に鋲がうってあります

これも

このアンティーク感がある

鋲を選んであるので

しっくりかっこいい仕上がりです

2015年3月7日15




茶箱をべーすにしてるので

このようにあけることができます

2015年3月7日14







座面をアップでみます

2015年3月7日13


淵もパイピングされて

すっごいかっこいい

丁寧な仕上がり!




さらに!


座面は帯!

横の生地はアイボリーホワイト!

お手入れが心配・・・ノ(_ _ ノ)

って思われてますよね



大丈夫なんです!

なぜなら・・・

撥水加工をしています


生活上で

あ!!!

ってことがあっても

撥水加工で

ある程度乗り越えることができます(*゚▽゚ノノ゙☆

ねーーー

すごいでしょーーー!

撥水加工は

まどか美椅子店さんと

話し合って

また加工に試行錯誤しましたが

撥水加工は標準装備で

やっていこう!という

ことにしましたので

今回ご注文頂きました

お客様のスツールはもちろんのこと

これからご注文頂くお客様も

撥水加工いたしますので

ご安心くださいませ!

もちろん加工代は料金に含んでいますので

提示価格からさらにプラスして料金は発生しません!



撥水加工の注意点
※熱い液体は対応不可です
※撥水加工の効果は永久ではないです




今日ご紹介させて頂きました

帯のビフォーアフター写真と作業工程の

写真の掲載許可はお客さまがどうぞ!と

快く承諾くださったので、丁寧にご紹介することができました

お客様のおかげです。この場をお借りして・・

ありがとうございます!


そしてお受取りの際に

すっごく嬉しい笑顔を見せていただいて

素敵な茶箱スツールに感激して頂けて

制作してくださっているまどか美椅子店のまどかさん

そして受付させて頂いてます静京呉服京染店ともども

うれしい気持ちでおります

きっとおうちで大事に使っていただいてると思います

そう思うとなおさら嬉しいです




ご紹介させて頂いたように

眠っていた帯を

おうちの素敵なインテリアに

変身させることができます♪

今日のブログで

そのことが

伝わったらうれしいです

ホームページにも

詳細を掲載しておりますので

ぜひこちらもチェックしてくださいねんd(゚-^*)

下をクリックしてください、茶箱スツールのページにりんくしてます

静京呉服京染店のホームページ
茶箱スツールのページへGO!http://sizukyou.com/






下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。お願いしまーーーす!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

◆◆◆店舗情報◆◆◆


静京呉服京染店(しずきょうごふくきょうぞめてん)
大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
e-mail:kimono@sizukyou.com
hp:http://sizukyou.com/

コメントの投稿

非公開コメント

意外…(☆0☆)

初めまして、着付け師MIKIと申します
帯が形を変えるのは色々見てきましたが、この発想は無かったです
意外ですが、とても素敵ですね
職人さんの技に感心です

MIKIさんへ

はじめましてブログを書いております静京呉服京染店の川島と申します
コメントありがとうございます!!
帯を生かしたバックとかもステキなんですが、使えるおしゃれなインテリアであるスツールに変身するのは初めてじゃないかな、と思います。だから・・・実は実用新案登録出願中商品なんです。このアイディアとデザインを大事に職人であり、スツールの考案者でもあるまどか美椅子店さんとと一緒に帯の良さを新しい形で広めていきたいと思います(^-^)/
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。