スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いシミVS新しいシミ 

今日は連休明け

連休明けが一番仕事ツライ(><)方や

主婦の方にとっては、やっと一人の時間が出来た~♪

と悲喜こもごもだと思います

そんな連休明けは、夏のような暑い一日・・

単衣の着物が暑い~!と本気で思う日でした。



シミのお話をしたいと思います

【シミは病気みたいなもの】というフレーズを目にして

ほんと早く治療すれば完治するのに

ほっておくと病状が悪化するのと同じでシミは取れなくなってしまいます

早く完治していただくためにも、シミがついた時は

なるべくお店に早くお持ちいただいてお手入れをお願いされることをオススメします。



シミのサンプルを2つ紹介したいと思います。

とれにくい血液も早くだして頂くと・・・ちゃんと取れるんです!

血液のシミです
2009.3.23 古いシミ 血液が付いた着物 (1)

染み抜き後
2009.4.1血液とれた後
もう血液がついていたなんて分かりません!
職人さんはちゃんととってくださいます!



でも・・・放置してしまったシミは・・・
2009.3.23 古いシミ 血液が付いた着物
コチラはアンティークの着物で購入された際にすでについていたシミです


2009.4.1シミとれた後
染み抜きをお願いしましたが成果は出せません
何年もたったシミは頑張っても無理なんです
(もし頑張りすぎたりすると逆に生地がいたんでしまいます。
 生地をいためず美しくする技術・・・それこそが職人さんの力です)



こんな2つの対照的なサンプル写真をご覧頂きました

早く染み抜きすると効果があることをご理解いただけば・・・と思います



着物を大事にお手入れしてあげて

長く美しく着てほしい・・そう思う三代目です




連休明けの今日もブログをご覧くださって有難うございます!




ランキングに参加中です!
ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いしますっ。
何よりの励みになります(*>▽<*)
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。