銘仙のきもの


銘仙の着物はお持ちでしょうか?

大正から昭和初期にかけてつくられたモダンでハイカラと言われた華やかな雰囲気

西洋のアールヌーボーの影響を受けて大胆な柄や鮮やかな色が取り込まれていて

今の時代にないデザインが本当にいいですよね

着物と帯を柄と柄で組み合わせる足し算の着こなしも艶やかで素敵です


手元にあった銘仙です
銘仙の着物 
アンティークの帯とあわせてます


生地アップ

画家の竹久夢二さんが描かれた女性達を見て

当時の素敵な着物姿を想像したり(^^♪



銘仙のこと、着こなしや色々な柄、歴史が詳しく書かれている本がありました

見てるだけでも、こんな柄があるんだなぁと思って楽しくなる一冊です

別冊太陽
銘仙 大正昭和のおしゃれ着物
出版:平凡社



銘仙


銘仙の世界をのぞいてみませんか(^ー^)♪

銘仙―大正昭和のおしゃれ着物 (別冊太陽)銘仙―大正昭和のおしゃれ着物 (別冊太陽)
(2004/11)
藤井 健三藤森 武

商品詳細を見る





゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・


今日の三代目着物スタイル

10月22日着物姿 10月22日着物の後ろ姿
格子柄の紬の着物にグレーの帯でシンプルに


初めての方もいつもご覧下さってる方も
今日のブログを読んでくださって有難うございます♪



ランキングに参加中です!
ブログをご覧くださったみなさま、ぜひ応援のクリックをお願いしますっ。
何よりの励みになります(*>▽<*)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク