カビのある着物の復活 その2


カビのある着物の復活 その2
復活までの
工程を。



まずは、着物は
仕立て直し。
という判断になります。


お仕立て直しは
解いて
全部をきれいにして
お仕立てする。というお仕事です。


もう少し細かくそれぞれに
お仕事内容が異なります。



着物の生地

1.反物の状態にもどす

切ったところを簡易的に
縫い合わせてつなぎます


2.洗張り

洗う事です。
ただ洗うだけでなくって
写真にあった
カビ取りの作業もします。

洗ってカビとって
キレイになったのに
カビがあったところが
変色してしまってるところは
補正(色を加えて元の色にもどす)





胴裏

胴裏は問題ない通常の状態でしたので
普通の工程です。

1.反物の状態にもどす

切ったところを簡易的に
縫い合わせてつなぎます


2.洗張り(洗います)





八掛


生地の裾の傷み
薄くなってきてるので
弱い状態の生地。
それとカビ。
カビのところは
色が抜けてしまっています。

色が明るい赤なので
年齢を重ねて着るには
もう少し抑えたお色にしたい。

3つの点から
新しい八掛を
ご希望の色で染めます。

八掛だけは
新しくなります。


このお色、同じ色で
長襦袢もつくります
また次の記事でご紹介しますね。


20180614_16.jpg

左 着物
右 染めサンプル



着物生地はキレイに洗う
胴裏もキレイに洗う
八掛は染める
というお仕事をして
お仕立てになります。







洗張りのあとの着物です。

20180614_10.jpg
真ん中あたりにホワッと
白いかも
カビの後ですね。
あえて写真を出しました。

さらに言いますと、
ここの部分は仕立ての時に
見えないところ、下前にすれば
着た時には見えなくなりますので
全然大丈夫なんです。

基本的にほとんどきれいになってます
職人さんの技術がすごいんです。
カビや作業は通常の2倍です。
それでも取れてることがすごくて、
腕の良さをヒシヒシと感じます。
職人さんありがとうございます!!
おかげで着物が着られるようになります。


20180614_11.jpg






染上がりの八掛です

20180614_15.jpg

シックなえんじ色。
抑えた赤は紺色の紬を
グッと女性らしく
素敵にしてくれる
影の立役者です。



写真で2つ染めているのが
分かりますでしょうか
同じお色の八掛。
こちらも
茶色く変色した白生地を
生かせないかと
考えて、染めています。
紬の着物の八掛と
お揃いの色の長襦袢。
一緒にお召しいただくと
お洒落!

長襦袢は次にお話しますね。






着物
胴裏
八掛がそろいました。

お仕立てでは
カビがあった後の
ちょっとだけ気になるところを
下前(左側の着た時見えないよう)
生地をもってきて
仕立てたり
衿の汚れなんかも同じように
下にして隠す方法があります
それらを組み合わせて
全体をきれいに仕上げるのが
仕立て直しの力です。

組み合わせで
できるだけキレイさと
価格を抑えること。

全部を考えて進めています。




いままでの道のりを乗り越え
着物が仕立て上がりました




出来上がりの写真です

※仕立て上がり
あまり大きく広げないように
気を付けてます
もっと見たいかと思いますが
申し訳ございません。
この範囲でご覧ください。






本当にカビが
全然わかりません



20180614_14.jpg
写真の色味が
ちゃんと出てるかな?
写真より八掛は色が濃い色かと思います。



20180614_13.jpg




袖も衿も後ろ身頃も
もちろん
前身ごろも
大丈夫です!

20180614_12.jpg





お渡しさせていただき
本当に
びっくりされてました!
「あれは
無理かもと思ってたけど
きれいになったねぇ!!
これは着ないと~♪♪
お母さんも喜ぶわぁ♪」

形見の着物が
ここまで復活できたのは
お客様が
着たい!と思っておられて
職人さんの腕があってこそ。
一緒に喜べる事が
本当に有難いです。




長くなりましたが
仕立て直しの工程など
ご参考になりましたら幸いです。



それと
なんとかならない。
あきらめてる事も
なんとかなるかもしれません。

眠ってるままで
悲しい結果になるのは
つらいです。
嫌なんです。

そうなる前に
読んでいただけたらと思って
この記事を書いています。




あと
ちゃんとご参考になりますように
料金の事も。


今回の料金
6万円しないです。(←税別です)


それと料金をお伝えしましたが
あくまでも今回の件なんです。
着物の状態で
同じように進めるわけではないですし
洗張りやしみ抜きは
料金は本当にそれぞれなので
異なります。




今回のように
カビがなくて
普通の状態でしたら
袷の着物、
お仕立て直しで
3万5千円くらいで
できたりします。



着物の状態にもよります。
ご予算もあると思います。

ご相談頂いて
どのようにするかを
金額を含めお話しして
まいります。

仕立て直ししてみたいけど
全然、予算がわからないと思います。
ご相談だけでも大丈夫です。





なんとかなるかもしれない着物が
なんとかならなくなってからだと
遅いので
どうか
お困りの時は
気兼ねなく
お声をかけてください。








たくさんの人に
知って頂けますように
ランキングに参加してます
応援でポチっ★
お願いいたします。
にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ
にほんブログ村






▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
お店の基本情報を書いています
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


◆◆◆店舗情報◆◆◆
静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうぞめてん)
ホームページ
http://sizukyou.com/
住所:大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
電話:06-6761-6764
mail :kimono@sizukyou.com
map:お店の地図はココをクリックして下さい


◆当店はカードをご利用いただけません
カード支払いを導入しておりません
その分、価格は頑張ってます!
ご面倒をおかけいたしますが
どうぞご理解くださいませ


◆ご予約優先
お直しや仕立直しなどの
悉皆のご依頼・ご相談の際は
できればご予約をお願いします
お客様との時間を大事にしたいと思っています
どうぞお願いいたします

ご予約がなくても
もちろん対応させて頂きます!

でもご予約優先とさせて頂いてますので
ご予約下さってるお客様を優先させて頂きます
ご理解ご協力頂けますと有り難いです。

※ご依頼・ご相談は
ご予約をお勧めさせて頂いてますが
お受け取りやお買い物
お気軽お越しになってくださいね


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

着物のアレコレ
たくさんの人に
知って頂けますように
ランキングに参加してます
応援でポチっとしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 ファッションブログ 呉服店・呉服問屋へ
にほんブログ村

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター