スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかたのお話



昨日の大阪は暖かくお出かけ日和でした

ポカポカ陽気の中、三代目はゆかた・麻の着物等が見れる展示会へ行ってまいりました



雑誌 七緒

雑誌七緒 09’夏より  冬に見ると違和感ありますね~



この冬の最中にゆかたの話は早いのでは?と思われるかもしれません

でも洋服のアパレル業界と一緒ですよね

デザインと製作は先に作ってますものね



今回展示会で見てきたのは

絹紅梅、綿紅梅、植物染めのゆかた、コーマなど等

全部職人さんが、手作業で染めたもの




柄の部分を糊づけをして、抽染という染め方や刷毛で染める方法で染めます

次に糊をとって洗い流して、色落ちしないように蒸したり、天日干しをして仕上げていきます

染めの工程はざっくりこのような感じですが

染める前の段階の生地を作る糸にもこだわっていたり

糊づけするにも技術がいりますし柄をあわせなくてはいけない細かい作業

ムラなく美しく染めるのにももちろん技術が必要…

ゆかた一反つくるのに職人さんの腕と技術がつぎ込まれています

知れば知るほど価値が分かります

私の心を豊かにしてくれました

(心だけでなく欲しい気持ちも満タンです (^^;)



ゆかたは、プリントものが多いですよね

でもこれだけの労力を使って作られたゆかたの反物は

長く愛せるゆかたです 

贅沢です

この贅沢は夏が来る度に心も楽しく着ても美しく

いつまでも満足させてくれることだと思いました



お話をしましたゆかた
興味がございましたらお店でもご用意できます
お声をかけてくださいね





最後まで読んで頂いて有難うございました



ランキングに参加中です!
ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いしますっ。
何よりの励みになります(*>▽<*)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



 

静京呉服京染店
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764






コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!
浴衣の染めも色々有るのですね 最近若い人はお祭りには 男女共に浴衣でお出掛けなさる方が多いみたいで ほほえましいですね。

3代目さんも今からご主人と どんな浴衣を着ようかしらと 心弾ませておられるのでは有りませんか? 綺麗なものを見ると女性は特に欲しくなりますね。

何でも仕事の肯定を知ると 値段に納得出来るものですね。




ケイコさんへ

こんにちわ!
いつもコメント有難うございます♪

若い方の浴衣率が増えてますよね!嬉しいことです♪
日本人のDNAが着物姿を欲してるのかもv-411v-361

いつも私はゆかた着てるのに、旦那様は洋服…
旦那様も自分も浴衣でお出かけした事なかったことに気がつきました
今年はちょっと二人でお出かけいいかも♪と思いましたv-344
楽しみが増えました~ケイコさんのコメントのおかげです♪

お買い物の時に、商品価値やできるまでの工程が分かるとぜんぜん気持ちが違いますよね。
特に職人さんがどんな時間と労力がかかってるかを知るだけでも価値がありました!
その分物欲もv-158UPしましたv-356
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。