洗張りを見てみよう♪



先日から、着物をほどいてみたりしましたが

今日は「洗張り」を見てみたいと思います

昔はお家で洗張りをされてることが普通だったとお話には聞きますが

残念ながら洗張りを各家庭でされている素敵な風景は見られないですね

私も、体験しておきたかったーーーという気持ちでいっぱいです



簡単に洗張りの工程を追っていきます
三代目の下手~なイラスト付き



1.解いた着物を反物の形に縫い合わせます


2.洗い
1.jpg
  平らな板の上でブラシを使ってスミズミまで汚れ・汗抜き等キレイに洗います
  反物の生地を痛めない、でも汚れをキレイにとる技術が必要!
  (この時、金糸を使った生地などはドライ洗いします)


3.乾燥


4.ゆのし
  蒸気を使ったシワを伸ばす方法です。
  ゆのしをすると絹の風合いがでるのと、ハリのある仕上がりになります。


5.解く
  反物の形にしていた縫い目をほどきます


6.アイロン
  細かいところはアイロン仕上げ
3.jpg



7.生地を整えたたみ、布がバラバラにならないように仕上げとじをします 

 ★完成★
4.jpg



1~7のすべて手作業でされています。職人さんの地道で堅実なお仕事が

美しく着物を生き返らせてくれるんですね

簡単な説明でしたが、ちょっとでも伝わると嬉しいです。

最後までご覧下さって有難うございました





ランキングに参加中です!
ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いしますっ。
何よりの励みになります(*>▽<*)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


今日の三代目きものスタイル

いつもの紫の紬です。まだまだ寒いですね
きもの姿


 

ご覧下さって有難うございます
静京呉服京染店
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764

 








コメントの投稿

非公開コメント

イラスト

こんにちは! 本当に毎日寒いですね どんどん寒くなっていくような気がします。

お上手ですね! イラストがもっと見たいです 3コマでは物足りません 又機会があれば 描いてくださいね とっても可愛いー。

ケイコさんへ

こんばんわ♪

ケイコさんの超美しい絵手紙を拝見してて
こんな下手な絵はハズカシイ~~~
ケイコさんに教えて欲しいですv-393

でも楽しく伝わるといいなぁと思ってるので
ちょこちょこイラストしてみよう♪の予定ですv-91
よろしくお願いしますv-291
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク