丸洗い 基本編 「丸洗いはいつ依頼するの?②衣更え」



昨日の日記

丸洗い 基本編 「丸洗いはいつ依頼するの?①お急ぎ下さい」では

大事な着物の為にもなるべく早く対処して頂きたいと思うケースをお話させて頂きました

普段そんなに頻繁に目立って困るようなシミがつくことはないと思います

では、突発的なケースではなく、普段丸洗いを依頼するのはどんな時がオススメなのか

お話させて頂きますお付き合いいただけると嬉しいです



頻繁に着物をお召しになられる方にオススメ

    年間スケジュール

袷・単衣・薄物 と1年間の衣更えの時期

そのシーズンが終わった時に何度かお召しになった着物をチェックして

気になるものは丸洗いしてお手入れなさっていただきたいと思います


何度かお召しになってると、気がつかないけどちょっとシミがあったり

(上前の胸元・太股の部分が汚れやすい場所です)

衿・袖口・裾など特に汚れやすいところにはお肌とこすれて

ファンデーションや皮脂汚れがついていたりします



そこで着る度に丸洗い、ではなく何度か着用された後の

‘シーズン終わりに丸洗い’をオススメ致します

‘何度か着用した後に丸洗いをする’なら金額的にもご負担が少ないと思います。

なにより着物の為にもシーズン終わりに丸洗いをして頂く事で

汚れをとる→シミとれて後々シミがのこらない

洗ってキレイになってから保管するのでカビの心配もいらない

そして、次のシーズンが来ると気持ちよくシワ・汚れのない着物を

お召しになって頂ける♪と言う訳です。



単衣の時期は年に2回ありますので

6月の単衣の時期に着た着物、そんなに汗や汚れがなければ

9月の単衣の時期に着て、それから単衣が終わって

丸洗いをしていただくと、単衣の時期も年1回丸洗いでOKです



薄物の時期はできれば気をつけて頂きたいと思います

7・8月 猛暑

クーラーの中にいても着物を着ると汗をかいたり

ちょっと外に出たら、汗

汗は昨日お話させて頂いたとおり、カビ・変色の原因になります

薄物の時期に着物をお召しになられたら

そのシーズン終わりには、丸洗い・汗抜きを忘れないで下さい。



着物を着てスグに丸洗いが必要というわけではないので

その都度、季節が終わったら着物を見てあげてください。

お手入れをしていただいて、次の年も気持ちよく着物を

お召しになって頂けると嬉しいです。

そして、ちゃんとお手入れをなさって頂く事で

気持ちよくお召しいただいて、さらに着物の寿命も長くなります

何代も受け継いでいけるものだからこそ

愛情を注いであげて欲しいと思います。



ランキングに参加中です!ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いしますっ。何よりの励みになります(*>▽<*)

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



ご覧下さって有難うございます
静京呉服京染店
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764










コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク