海老様玉様に会いに行く4 義経千本桜 大物浦・道行初音旅


さあさあ!昨日の続きが始まりますよーご着席くださ~い


4舞台


【大物浦】ストーリー  歌舞伎座HPより
知盛は義経を討ち取ろうと出陣しますが、大物浦で義経方に敗北。
安徳帝を守護するという義経の言葉を聞いた局は自害し、知盛も
体に碇を巻きつけ壮絶な最期を遂げるのでした。



先ほどの演目では渡海屋の主人をしていた平知盛。
最後に本来の姿(ギンギンギラギラの衣装)に変身して義経復讐へ出陣した訳ですが・・・

舞台は大物浦という海沿いにかわります

渡海屋の女将に扮していた典待の局も十二単の本来の姿に変身して
安徳帝とよりそっています。それもそのはず義経復讐に失敗してしまい
自害するしか道がない状況なのであります(T T)

1大物浦

一緒にいた家来や女中たちも次々身を投げ自害していきます
最後に典待の局と安徳帝が飛び込もうとすると義経が助けます。

が、平知盛が登場して義経陣に突撃しますが知盛はもう血みどろの
ボロボロ瀕死の状態。。。
そこで義経が平知盛に「典待の局と安徳帝の命は守ります」と伝えると
平知盛は安心して自害の道を選びます。


ココが最大のみどころ!!!

2大物浦
平知盛は、大きな碇のついた縄を身体にまきつけて碇の重さで海に引きずられ果てる!!

というスゴイ自害のシーンなのであります

海老様の迫真の演技!気迫がほんまに伝わり‘死’というものを感じます。


3大物浦
しかも2M30CMという高さ!ココから正面を向いたまま後ろに倒れるので

結構危険なわけです。この立ち廻りを【背ギバ】というらしいです。

3階席だったので舞台の後ろで飛び込んだ平知盛を受け止める人が見えるん

ですがどちらの息もあわないと危ないことになりますよね。。


平知盛が自害して舞台はおわります。



さて次の演目【道行初音旅】
shidaretuki2.jpg


【道行初音旅】ストーリー
 季節は春、吉野山には桜が咲き乱れています。この山中に義経が身を隠している
と耳にした愛妾静御前は、供の忠信とはるばるやって来ます。休息をとる二人は、
ともに義経から賜った"着長の鎧"と"初音の鼓"を義経の姿と見立てて恋い慕い、
義経の御前という心持ちで、忠信は身振りを交えて屋島での戦いの思い出を語り始めます。
そして、その戦で命を落とした忠信の兄・継信を悼み、ともに涙するのでした。
気持ちを新たにした二人は、一刻も早く義経のもとへ向かおうと吉野山の奥深くへと
分け入って行くのでした。


春の吉野山 咲き乱れる桜の淡いピンクが美しい舞台

海老様←忠信 玉様←静御前 の美しい踊り。。。うっとりする時間です。

本当に美しすぎるっっと感心感激しつつ見とれてました

なので、イラスト解説も無粋なのでやめました(^^




これで私のつたない&ながーいレポートが終わります。

海老様玉様を始めて観劇できて、やっぱり迫力とか目ヂカラとかキレとか

全体の雰囲気とかスゴイなぁ。素晴しいなぁ。という感想です。

女子以上に女らしく美しい玉様ももちろん素晴しいのですが

意地悪な役をしてる玉様を映像で見たことがあり、

ホンマに意地悪やわぁ~と楽しかったので

そんな機会があったらぜひ見たい!と思います。

海老様のタレント的な派手なイメージが強かったのですが

実際に歌舞伎役者としての姿を拝見すると全然違いますね!!!

若いのにこんなに力のある演技をされるんだ!迫力はあるし美しいし、

もう感心しっぱなしです。観にいってよかったぁ♪



そんな私のイメージでお伝えした義経千本桜のレポート

長いし、説明は下手でおかしな点もあったかと思いますが

読んでくださって有難うございます!!!見てくださるおかげで

ブログが続けられます。本当にいつも有難うございます。


ランキングに参加中です!
ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いしますっ。
何よりの励みになります(*>▽<*)
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ご覧下さって有難うございます

静京呉服京染店
住所:〒542-0012 大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyo.sakura.ne.jp
Blog:http://sizukyou.blog10.fc2.com
Mail:kimono_sizukyou@yahoo.co.jp


コメントの投稿

非公開コメント

静千代さん

大変だったでしょうこのレポート!

本当にお疲れさまでした!

間違えちゃいけないっていうプレッシャーとか大変だったと思いますw

でもそのかいあって!(エラソーに言ってスイマセンw)

とってもわかりやすくて楽しいレポートでした☆

平知盛ってかっこいいですね~♪

三代目は板東武者を贔屓にしてますが、京勢もなかなか男ですな~☆

いつか観覧の機会がある時は、静千代さんのこのレポートをプリントアウトして持っていきますよ♪

10倍たのしめますね☆^^

本当にありがとうございました!

弘明寺の三代目さんへ

ながーいレポート読んでくださって有難うございますi-189

> 静千代さん
> 大変だったでしょうこのレポート!
> 本当にお疲れさまでした!
> 間違えちゃいけないっていうプレッシャーとか大変だったと思いますw
> でもそのかいあって!(エラソーに言ってスイマセンw)
> とってもわかりやすくて楽しいレポートでした☆

そうですかっ(*^。^*)そうですかっ♪♪♪←調子乗ってマス。。


> 平知盛ってかっこいいですね~♪
えぇぇ~かっこよかったです★★★かっこいい人がするから更に素晴らしかったです★

> 三代目は板東武者を贔屓にしてますが、京勢もなかなか男ですな~☆
> いつか観覧の機会がある時は、静千代さんのこのレポートをプリントアウトして持っていきますよ♪
> 10倍たのしめますね☆^^
> 本当にありがとうございました!

おぉそんな有難いお言葉っっ!
今後も‘オモロイ’でもオモロイだけじゃなくってちょっと興味を持ってもらえるような
記事が書けるよう頑張ります~また読んでやって下さいね~(^◇^)

迫力

お早うございます 三連休でゆっくりなさっているでしょうか?

記事を読んでいて迫力が伝わって来ますよ イラストも付いて本当に分りやすいし チケット無しで楽しい思いをさせてもらいました 有難う!

お知らせです
愛犬ななが体調を崩したので 暫くマイブログを休みます。

平知盛

 静京呉服京染店3代目さん おはようございます。

 3代目さんの歌舞伎の解説は とても分かりやすいです(*^―゚)bグッ!  ありがとうございますm(_ _)m
平知盛の最期の言葉「見るべき程の事をば見つ。」 私は忘れることができません(T_T)

>海老様玉様を始めて観劇できて、やっぱり迫力とか目ヂカラとかキレとか 
全体の雰囲気とかスゴイなぁ。素晴しいなぁ。という感想です。
女子以上に女らしく美しい玉様ももちろん素晴しい

 何といっても 3代目さんの方が お美しいですよ(#ノ▽ノ#)

 ではまた☆

おお!!

3代目さんこんにちは~!!!
昼の部に行かれたのですね!!
私、夜の部!行ってまいりました!!


昼の部も観たかったので
3代目さんのリポート、
とってもうれしかったですよ~!!
ありがとうござます\(^o^)/

私は13年以上前
梅田のコマ劇場で見た舞踊公演での玉三郎さんがあまりにしょっきんぐで(笑)
女性の美しさというのものが
一体何であるのかというものを再考した覚えがあります
全ての動きが直線ではなく曲線で
背骨から指先、まつげの先や眼の動き。
着物の裾にまで細やかに神経の行き届いたその姿に
本当に感動いたしました…v-353

未だにその進化し続ける坂東玉三郎という
素晴らしすぎる歌舞伎役者に
感動し続ける一ファンです(*^_^*)

形式美なんですけれど
けど役者によってその表現や印象が違う…
歌舞伎って不思議で面白いものですよね

いつかご一緒に観に行きたいですね!!
そのあと法善寺横丁あたりで
何か美味しいごはん!!なーんてv-344





ケイコさんへ

コメント有難うございます♪

> お早うございます 三連休でゆっくりなさっているでしょうか?
お休みを休まず(^^ゞ過ごしております~

> 記事を読んでいて迫力が伝わって来ますよ イラストも付いて本当に分りやすいし チケット無しで楽しい思いをさせてもらいました 有難う!
チケット無料♪♪楽しんでもらえるのが何よりもうれしいです♪

> お知らせです
> 愛犬ななが体調を崩したので 暫くマイブログを休みます。
ケイコさんの愛情できっと早くよくなってくれると思いますが
心配ですね。元気になりますよう願っております

コウさんへ

嬉しいお言葉の数々~有難うございますi-189

>  静京呉服京染店3代目さん おはようございます。
>  3代目さんの歌舞伎の解説は とても分かりやすいです(*^―゚)bグッ!  ありがとうございますm(_ _)m
歌舞伎の長ーーいレポート読んでくださって嬉しいです
分かりやすいって言ってもらえると本当にホッとします♪
こちらこそ有難うございます!!です

> 平知盛の最期の言葉「見るべき程の事をば見つ。」 私は忘れることができません(T_T)

美しいものから歴史も!!
コウさんの知識の泉は本当に深いですね!(^^)!ビックリしちゃいます!!
ついでに私まで褒めてもらえてテンションも上がりますよーー
また遊びに来て下さいね、私もコウさんの色んなお話を楽しみに遊びに行きます♪

ゆう子さんへ

わぁぁぁあ!夜の部ですかっ!
どちらも選びきれないでおりましたぁ((+_+))
だってどっちも観たい。。。
堪能されたでしょうね♪

玉三郎様の女性美はゆう子さんの心を強く打ったのですね。。
玉三郎様の努力で作られた世界は息を飲みます。。。

私の見るゆう子さんも、女性美をとっても感じさせてくれる
素晴らしい女性です!

歌舞伎の役者さんの個人の魅力で幾通りの楽しみがあると思うと
できるかぎり見たい(>_<)引き込まれます
こんな風に思えるのもゆう子さんのおかげです♪
一緒に歌舞伎。。。そんな夢の様なお話i-178
もっと勉強しなきゃ!です(^^ゞ


クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク