和裁‘第4号’単衣の紬が完成


東日本大震災によって亡くなられた方々のご冥福をお祈りし

被災された方々そして避難を余儀なくされている方々 心からお見舞い申し上げます

そして変わらず救済活動が・福島の原発の普及作業が早く良い方向へ進むよう願います

被災された方々の為にわたしたちにできることをし、

そして自分自身与えていただいてる仕事・生活を頑張ることも大事と考えています

そこで、被災された方々のことを心に思い、よくなることを願い

今日からブログを通常の内容でつづけていこうと思います




まずは、自分の和裁のお話を・・・

第4号’(←着物を仕立てるのが4枚目ってことで・・・)が完成しました!!!


出来上がりはコチラ↓着物もウキッとした感じ

出来た着物


初の広衿&背伏をつけた仕立です

広衿

広衿だと今までに仕立てたウールや綿の着物と感じが違いますね~
背伏は初めてにしてはキレイについてるとめずらしく先生に褒めて頂きました♪ウレシイ♪



衿の中に忘れ物を・・・
しつけの糸が衿の中に入ったまま抜き忘れてる・・
ちょっと真ん中に青いものが見えませんか?しつけ糸です。。。あぁぁ残念
衿


でも自分で作ったというのは嬉しいもので
今年の単衣の季節にはこの着物を多用します!

手持ちの帯をコーディネイト
こんな感じかなぁ
コーディネイトイメージ
色んな糸を使った紬なので色々とあわせやすそうです



完成したら次へ!今は頂いた着物の袖丈をなおす方法を教えて頂いてます

なかなか思うようには進みませんが、ボチボチ和裁もブログに書いていきます

お付き合い下さるとうれしいです


ここ1週間の間、着物姿をUPしてなかったのでまとめてUP
今日の着物姿1 今日の着物姿2 今日の着物姿3
震災で気持ちが沈んでいたので、元気な色の着物を選んでます
そうです!みんなで元気だしてがんばって生きましょう!


ランキングに参加中ですブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いしますっ。何よりの励みになります(*>▽<*)
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん と読みます)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyo.sakura.ne.jp


コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク