被災した子供たちに本を


今日は、着物の話ではないですが・・・


大震災から約2ヶ月

一日も早い復興を願う気持ちはみなさん同じだと思います

被災していない自分に何ができるか

ボランティアに行かれたり、義援金を送ったり

風評被害にあっている野菜や魚を率先して買ったりとか

他にも色々方法はあると思います

それぞれが、どんな形であれできることをしていくのが

大切なのではないかと思います



必要支援物資を送るボランティアの中でも

被災地の子供たちへ児童書を送る

という企画がありました

今、子供たちが読む本がないそうです


自宅にあるもの、近所の方にも声をかけて児童書を用意しました

みなさんちょっとずつ持ってきてもらって

集まると紙袋3袋分になってました

被災地へ送る本

被災した子供たちが少しでも優しい時間が過ごせることを願います

コメントの投稿

非公開コメント

良い事ですね!

お早うございます 梅雨のような天気で少々 うんざりですね。

ナナの医者通いで忙しく 久し振りの訪問になってしまいました ご免なさいね! お陰様で回復に向かっています ご心配おかけしました ありがとうございました。

お忙しい中 良い事をなさっているのですね 何でも気がつくことをするのが一番ですね 子供は傷つきやすく 自分の心をさらけ出さないから ホント 周りの大人が気をつけてあげなくてはね 素晴らしい事を 有難う!

ケイコさんへ

おはようございます!

> お早うございます 梅雨のような天気で少々 うんざりですね。

ようやく今日は風が強いですが晴れ!お洗濯が乾きそうで安心です(^^)♪

> ナナの医者通いで忙しく 久し振りの訪問になってしまいました ご免なさいね! お陰様で回復に向かっています ご心配おかけしました ありがとうございました。

ケイコさんの愛情がナナちゃんに届いたんですね!
ほんとに良かったです!!!

> お忙しい中 良い事をなさっているのですね 何でも気がつくことをするのが一番ですね 子供は傷つきやすく 自分の心をさらけ出さないから ホント 周りの大人が気をつけてあげなくてはね 素晴らしい事を 有難う!

これは両親のお友達関係の方の企画だそうで
両親が率先して集めにまわってました
色んな物資が足りないと思いますが
本が子供たちの心のケアにつながるといいなと思います
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク