スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プリンセストヨトミ】原作本に出てくる場所をご案内

明日5月28日(土)
映画プリンセストヨトミ公開です

プリンセストヨトミ公式HP:http://www.princess-toyotomi.com/
出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一など

舞台は大阪!大阪城・大阪府庁 そして!空堀商店街・道頓堀など

そうなんです!当店からほど近い空堀商店街で撮影されています

(実は、撮影されたのは昨年のことなんですよーー)



まずは原作本を読みました 結構ぶあつい本でしたけど

ノンストップで読みきってしまいました~面白いです!!

プリンセストヨトミ ぶあつい


プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
(2011/04/08)
万城目 学

商品詳細を見る



お店の近くなので、色々登場した場所を巡ってみたいと思います

(ストーリーはぜひ本を読んでみてくださいね♪)



よく登場している場所の1つ、真田大輔くんという中学生の男の子が

小さい頃からお願い事をする神社があります この石畳の坂を上がった所です
榎田神社1

急な坂をのぼる途中に直木三十五記念碑があります

榎田神社 直木三十五記念碑

こちらが【榎木大明神】さん
榎田神社3

白蛇が祭られていまして、古くは熊野参りや伊勢参りの街道筋にあたりるのだそうです

第二次世界大戦の大空襲のときは、襲ってきた猛火がこの樹の辺りでピタリと止まり

東側一帯が危うく類焼を免れたという伝説があるくらい、パワーのある神社です



ここで登場人物の大輔くんが人には言えない‘ある秘密のお願い事’を毎日しています

榎田神社4

離れてみると大きな木の存在感!この木は樹齢約650年のエンジュの木です

大きな木と神社・・・ここだけは違う空間を感じられます



榎木大明神さんからまっすぐ南へ進むと3分くらいで空堀商店街につきます

空堀商店街の八百屋さんの角を曲がったら

八百屋の角を曲がる

大輔くんのお好み焼き屋さんがあります(営業時間前の写真です)


大輔くんのお好み焼き屋の設定はコチラ冨紗屋さんです
(本のあとがきに記載ありました)

冨紗屋

ちなみに冨紗屋さんは、もともと超有名店

俳優の故松田勇作さんが足しげく通っておられたお店で今も来店された

人気タレントさんの写真も大量です。お好みももちろんうまいですが

勇作さんの大好物だったという『もやしと豚のお鍋』(←アッサリ系)も美味しい

お好み焼きなのにコース料理があって最後のデザート『いもっこアイス』(←私イチオシ)

が超美味しい!ミラクルなお好み焼き屋さんです


商店街にはポスターがじゃんじゃん飾られてます
ポスター

原作本では空堀商店街を『坂道を抱いた商店街』と表現されていました

(いとおしくなる素敵な表現ですね♪)その坂の写真です

商店街は距離が長い上に全部坂になっているので、お買い物をして下から上へ歩くと

しんどいです。。。ある意味いい運動です。大阪のおばちゃんは、この坂をものともせず

チャリでガンガン上がる…そんな内容が本にもかかれてましたが、その通り!

大阪のおばちゃんスゴイでしょ(そういう私も大阪のおばちゃんです^^;)


ココは映画のCMで堤真一さん・綾瀬はるかさん・岡田将生くん美男美女が歩いていた場所

CM.jpg


次は、空堀商店街入り口です 『はいからほり』と上に書いてます

ハイカラと空堀商店街のからほりをかけたネーミング・・・大阪らしいだじゃれ^^;
karahori.jpg


色々写真をUPさせてもらいましたが、この写真の場所が原作本に登場します

空堀界隈はこんな場所なのかぁ♪知ってもらえると嬉しいです




作者の万城目学さんは大阪の出身で空堀の近くに住んでいたそうです

だから本当に空堀界隈のことが色々登場していて 万城目さんが

「僕は大阪出身で大阪が好きなのでこういう作品を描きました。関西の人は
自分の生まれ育ったところが舞台になっているので嬉しいと思う。ちゃんと
エンターテインメントで、たまらんテイストで撮ってもらった。幸せ者だなと思います」

とお話されていた通り、地元民の私にとっては本当に「あ!ここ分る~」の連続

しかも登場人物のキーマンである『真田大輔くん』と『橋場茶子ちゃん』が

通っている中学校は、通っていたU中学やわ~♪とか茶子ちゃんのお家の場所は実家のすぐ近く

の設定でした。そして榎木大明神には、白蛇さまにも思い出があって

父に「夜に笛ふいたり悪い事したらこの白蛇さんがくるで~」って言われて

「ええぇーウソやんっ」って言ったものの本当は白蛇さんがくるのがコワくって

夜は絶対に笛を吹かなかった…という弱気な子供の頃の思い出します

ですので、読んでいてかなり嬉しい気持ちになりました♪

きっと地元の方もそう思ってるだろうなぁと思います


地元だから楽しいわ!というだけでなく、地元じゃない方ももちろん楽しめる内容です

実は「豊臣秀吉の末裔が生きていた」「大阪が国家として独立していた」という奇想天外な

設定、そして親子間の愛など人間味のあるストーリーが展開されていて一つの作品として

十分面白いと思います!明日公開【プリンセストヨトミ】楽しみです(^^)



ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん と読みます)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyo.sakura.ne.jp


コメントの投稿

非公開コメント

見ました!

今晩は!

先ほど テレビでこの映画の撮影場所の事が・・・ 見てました! 愛犬ナナも元気になったし 空堀商店街に行きたくなりました コースでお好み焼きを食べたいわー。

自分の育った所が映画の舞台になるなんて めっちゃ!嬉しいですね!

ケイコさんへ

おはようございます!

> 先ほど テレビでこの映画の撮影場所の事が・・・ 見てました! 愛犬ナナも元気になったし 空堀商店街に行きたくなりました コースでお好み焼きを食べたいわー。

ナナちゃん元気に回復ですね!お出かけしようという気分になれるってことは
本当に安心ですね!よかったですーー!

テレビで撮影場所のこと放送してたんですね!見逃しましたっ見たかったです~
コースでお好み焼き♪お好みのほかにも焼きそばとか色々出た記憶があります
もし行く機会がありましたらお腹減らして行ってくださいね~(^-^)/

> 自分の育った所が映画の舞台になるなんて めっちゃ!嬉しいですね!

ハイ!いつもの場所が特別な感じがしてうれしくってテンションが上がってます♪
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。