スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災から3ケ月


大震災から3ケ月。。。

日々の報道を見ると仮設住宅に入れない方々の生活
地震と津波で崩壊してしまった地区の再建の難しさ
いまだ不安と問題を多くかかえた原発
復興への道のりがまだ見えぬ状態。。

現状の厳しさだけでも考えられないくらい大変なのに
大切なご家族を失って耐えられない気持ちを抱えて
過ごされてると思うと、神様はいないのか。。。
もっと早くなんとかならないのか。。。
怒りに近いような辛い気持ちになりますが
辛く苦しいのは被災された方々なんですよね


つい先日、夫が津波の被害にあった仙台へいってました
仙台空港に降りた時、周辺の状況に言葉も出なかったそうです
市内はほぼ通常通りだったそうですがそれでもやはり
震災の恐ろしさを感じるには十分すぎる状態


すぐ被災された方々のお力になることではないですが
いつもより多くお金を使って、仙台のお店の売上に
貢献できればいいな。
ということで夫はいつになくたくさんお土産を
買って帰ってきました



仙台と言えば、牛たんとか笹かまとか・・
和菓子なら『ずんだ餅』ってありますよね
ずんだ餅:枝豆を餡にしたお餅
↓コレです
H23年6月14日zunnda2


でもお土産は『ずんだジャム』です
畑のスイーツですって!

H23年6月14日zunda


へぇぇこんなのあるんだぁ!とびっくりしました
両親へのお土産だったので、どんな味か感想を聞きたいと思います(^ー^)


とてもとても小さい事ですが、被災地の産業に関わるものを
みんなでお金を使えば震災地の景気を後押しできますよね

多くの人の力が支えになって
被災地の1日も早い復興を心から願います
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。