『丸洗い』のお話です


今日は、当店で一番多いお仕事の丸洗いのお話です。


丸洗いとは

仕立て上がりのまま、お着物全体を丸洗いします。
それって???  着物のお洗濯です。


普段のお手入れは
着物を脱いだ後にハンガーにかけて
風通しのいい所で干して収納して頂きます。
ですので
着るたびに丸洗いしていただく必要はありません。


丸洗いが必要なのは
汚れや汗が気になる時
シーズンの変わり目などです。


汚れや簡単なシミはもちろん、汗や脂も洗いますので
大切なお着物が生まれ変わります。
風合いも変わらないように、洗った後は『湯のし』
と言う、蒸気で着物をきれいに仕上げます。


よくお伺いするケースなんですが
着物を着られた後、シーズンが終わっても
丸洗いにださずにそのまま放置されると
しみ・しわが残った状態になるので
1年後に着よう♪
と思って着物を見たら
しみ・しわがあるぅ
丸洗いしないと着れない!!??

着る前に丸洗い ⇒ 着物を着る ⇒ シーズンが終わって再度丸洗い 
このパターンだと、2回丸洗いが必要になってしまう上に
1年前のしみはとれにくくなっています。


ですので、ぜひ着終わった後のケアとして
丸洗いをされることをお勧めします。


『丸洗い』は、汚れやシミはもちろん、汗や脂も洗いますので、
大切なお着物が生まれ変わります。
風合いも変わらないように仕上げは‘湯のし’という
蒸気できれいに仕上げてるので
風合いのある仕上がりになります。

( ※ 丸洗いでは、古いしみは薄くはなりますが
    完全にはとりきるのは難しいので、その点はご了承くださいませ。
    ご不明でしたらお気軽にお問い合わせください )



 価格

留袖    8,000円
訪問着  7,500円
袷着物  6,500円
袷コート  5,500円
袋帯    6,000円
長襦袢  4,800円

上記の料金で丸洗いさせて頂いております。



大切なお着物を長く美しく着ていただくための大事なお手入れです
参考になったら嬉しいです。
そして、ぜひ丸洗いをご利用になって下さいね。



ランキングに参加しています
クリックして頂けるとウレシイです!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村






テーマ : 和風、和物、日本の伝統
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク