着物を解くときに思うこと


最近、大切なきものの仕立てなおしを続けて
ご依頼頂きました。(ご利用ありがとうございます)


仕立てなおしのお仕事のはじめ、まずは着物を解
きます。その後洗張り(お洗濯)をしてきれいに
生地もまっすぐになってから仕立てをします

ほどく作業の担当は私。生地を傷めるわけにいき
ませんから、大事に大事にほどいています。そこ
で、ほどく作業をしていて思うことを書かせて頂
きたいと思います


生地や糸の感じが古いのか新しいのかによって
だいぶと解く手間も違ってきます。
仕立ててから何十年と年月を経たものは、生地と
糸ともに人間でいう張りと弾力みたいなものがなく
糸がするっと抜けなくって、作業していてもきしみます。
(ほんとにギシギシというか、キシキシした音が出ます)
そうなると一目一目抜いていく作業になります
こういうことで、着物が、古いものだなぁ。。とか
だいぶ着てるんだなぁとか感じることができます
(でも、結構気の遠~い仕事です^^;)


ほかにも、縫い目の細かさや縫い方がちょこちょこっと
違って、それぞれ個性があったりします。縫い目が細かい
しかもめっちゃキレイ!!と仕立てた方の技術に驚いたり
します。この着物はどんな方が仕立てたんだろう・・・
会ったことのない和裁師さん。その和裁師さんの技をほど
くことで感じられます。


たとえば・・・留袖や黒紋付(喪服)・色紋付(色無地)
の着物の裾や襟元、袖口にまっすぐ縫われている白い点々
基本的には飾りとして縫われているらしいのですが、この
「ぞべ」の縫い方も、小さい小さい縫い目なのでふつうに
波縫いするのも一苦労だと思うんですが、きちんとしてい
るものは、波縫いではなく返縫いなんですね。
波縫いはまっすぐすすめますが、返縫いだと一針ずつ行っ
て戻っての繰り返しになるので全然違いますよね。
その返縫いで縫われているうえに、縫い目がメッチャ
きれいだったりすると、ほんとにすごいわぁと思うんです


こうやって、解いてると仕立てた方の技術を感じたり、着
ていた人のことを想ったり、これから次に着る方のことを
考えたりして、作業をすすめてます
さらに今習っている和裁をわたしも上手になったら
これだけ美しい着物が縫えるのかなぁと妄想したり(^^)


でも、まだまだ作業が遅い私。
父や母が解くと、かなりスピードが違います。
ロボット!?と思うほどもくもくとスピーディに進めるので
わたしも丁寧かつスピードをもってできるように!とも思っ
てます。色々考えてるから遅いのかな(^^;


着物ひとつ解く作業中の私の妄想でした(´ー`〃)


*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:

ここ数日の私のきもの姿をアップしますね
(あ・・・あまり興味ないかも^^;)


kimono.jpg kimono 1

kimono2.jpg kimono4.jpg



ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん と読みます)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyou.com

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりのコメントです!
本当にお着物が好きなんですね。こんな気持ちの方々が携わって下さると分かると大事にしたい着物を預けても安心ですね。
私の箪笥の中に古い着物があります。かなり前に祖母が母の為にヘソクリを崩して誂えてくれた着物。当時は生活が苦しく着物なんてだったらしいです。その着物に合う帯がなくて着ないまま。しつけがついたまま私の手元に。サイズが小さく私には着れませんいつか着たいと眺めてます。

以前に古い着物の相談を大手チェーン店の呉服屋さんに相談した時に鼻で笑われた経験があります。

こんにちは☆

ベテランさんでも、よほど古いお着物を解くのは時間がかかりますもの^^

糸が抜けないんですよね^^;; 生地目がしっかりつんじゃっていたりして。

静千代さんのように、ほどきながらアレコレと思いをこらしてもらえると、着物にしても、和裁士さんにしてもうれしいことだと思います。ほどかれながら喜んでいるんじゃないでしょうか?^^

楽しいですね!

今日は 寒さがましで お日様も出て お出掛け日和ですね でも 私は家で・・・ちょっぴり淋しい日曜日です。

毎日 素敵な着物を着てお仕事なさっている三代目さんは 素敵ですよー 着るものによって年齢も雰囲気も変るし 本当に楽しいですね! 興味が無い?とんでもない! しっかり拝見していますよー。

kimonopandaさんへ

kimonopandaさーん、コメントありがとうございます!!

とってもとっても大事な大事な着物をお持ちなんですね
祖母さまからお母さま、そしてkimonopandaさんへ。
愛情がいっぱいつまった着物、いつか着れるといいですね
きっと袖を通した時に心の底から嬉しい気持ち、ずっと一緒に
いたい。とってもとっても嬉しい感覚になるでしょうね♫

わたしもそんな優しさにあふれた着物をお手入れや仕立て直し
をして次の世代へ受け継ぐお手伝いをさせてもらえるお仕事を
させてもらって幸せだと思っています。

着物は優しさでできているかもしれませんね(^ー^)

三代目さんへ

こんにちわ!
大阪はどんよりしたお天気で寒々しいなぁと思ってましたが
三代目さんの弘明寺は寒くても人のあたたかさで元気いっぱいでしょうか(^^)/

そうそう、糸が・・・糸が抜けないi-201i-201
しかも‘ぞべ’があるとホント作業が進まない(;;)
時間だけがすぎていくときは、もー半べそです〜
それだけ縫う方も丁寧に縫われているし、生地も長年頑張ってきた
証拠なんですよね。着物ちゃんも解かれながら次にまた着てもらえる
と思うと嬉しいでしょうか(^ー^)それだといいな♫と思います

ケイコさんへ

今日はお天気戻りましたもんね♫
ちょっと暖かいし♫お出かけ日より〜♫
ケイコさんもおウチなんですね、実は私もおウチです
昨日からお店も休ませてもらって、風邪と対戦中ですi-229
だいぶよくなったんで、パソコンしてます
ケイコさんもどうぞ寒さ対策しっかりしてもらって
元気に冬を過ごしてくださいね!

着物の色とかコーディネイトでほんと年齢も雰囲気も
かわりますよね!私っていったいいくつに見えるんだろ?って
思います。着物をきはじめた頃はかなり年上に言われて
たので、ショック〜〜って思ってたのを思い出しました(^^;

私も今和裁の勉強も兼ねて着物の解きをしているんですが、本当に、和裁士さんの技術や工夫に頭が下がる思いです。
一つ一つ、どんな方が縫われたのか、想像しちゃいますよね^v^
「ぞべ」、波縫いかと思いきや、あれは返縫いなんですね。
今度きちんと見てみよう~

ちかさんへ

ちかさん、お久しぶりです~(^-^)//

> 私も今和裁の勉強も兼ねて着物の解きをしているんですが、本当に、和裁士さんの技術や工夫に頭が下がる思いです。

ちかさんも解きされてるんですね!おぉ仲間~♪
和裁士さんの技を感じてほんと、頭が下がりっぱなしです~
和裁を習いだして、解いてみると少しづつ縫い方が違うのが
わかって、上手に縫われてるものはしっかり見るように心が
けています。ほんと勉強になりますね~。

> 一つ一つ、どんな方が縫われたのか、想像しちゃいますよね^v^
ね!どれだけ上手な人なんだろーちまたじゃ有名だったろうなぁ
とか思います♪あってみたいけど、会えないんですよねえ。

> 「ぞべ」、波縫いかと思いきや、あれは返縫いなんですね。
> 今度きちんと見てみよう~

もしかしたら人によるかもしれませんが、波縫いより返縫い
されてるきもののほうがきちんと手をかけてるものらしいです。
この前解いた着物が、めちゃめちゃきれいな返縫いしてて感動
をこえてびっくりです!まっすぐ、正確な縫い目の返縫いは見
応えありました(^^)あ・もちろん解きがいもありました~
鬼のように時間がかかります。きもの勉強がんばりましょうね!
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク