スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

型染レポート3

白生地に型染めをしてる作業スタートです


1.生地を染めるための長板
  上に収納できます。乾かすのは上。染める時は下の台にのせて作業されます
17長板

18長板をおろす
  
(以前日記に書かせていただたんですけど)
わたしもチャレンジさせてもらったのが、長板を上にあげる作業。
「簡単やで~やってみ~」みたいなノリでやらせてくださったんですが
トンデモナイ!!
ヘビー級&重量級です!!とんでもなく重く自分で上げれなかったです



2.板に糊付け
  長板に生地を張る作業です。これは生地をピタッと板に張るためにしてます
19長板に糊をぬる

20生地をはる
  
  ピターーーっとついてます。気泡とかはいってませんでしたもの。
  ※この糊は無色ですし、後に洗う工程があるのでとれます
21ピタッと張った状態


3.型紙登場 お待たせしました!

  型紙には「ほし」と呼ばれる位置を合わせる目印がついています
  写真でそのほしに合わせてるの作業をされてます
  片手には丸刷毛
  
22一枚目

場所をピタッと合わせましたらここから刷毛で色をつけていきます
23 1枚目を染める

ささーっと動かして
24 1枚目を染める2

こっちも染めて
25 1枚目を染める3

そっちも染めて
26 1枚目を染める4

全体がムラなくできたら一枚目の型紙をはずします
27 1枚目を染める5

1枚目の染めができました~!

  
この作業を繰り返して、柄を仕上げていきます
今回の図柄を仕上げるのに10枚くらい型紙を使用します
そこで・・・すいません!!写真枚数が多いので次の日記
で1枚目から10枚目までを仕上げる連続写真をUPします
もうちょっとお付き合いくださいm(__)m

ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん と読みます)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyou.com

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。