スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職人さんレポート【しみ抜き パート2】


職人さんレポート
しみ抜き編 パート2です!


パート1は余分に染まってしまったところを
とってしまうという達人技でしたが

今回は実際に着ている着物と長襦袢が
キレイになるところの写真をアップします



どちらも汚れてから時間の経過したもの

‘とれない’‘とりずらい’汚れです

強敵手ごわい相手ですっっ




紬の着物
袖に茶色のシミがあります
シミがついてから時間の経過が
かなり長いと思われます

7茶色のシミ


ムムム、、、意外と目立つこの茶色

着てると、いつシミをつけたか

わからないものなんですよね



では!
この茶色のシミをとっていきましょう



なんだか不思議な形の機械がでてきましたよ
年期が入ってますね


8とる作業中



まだとれてない


9まだとれてない




もうちょっと色々と(秘密の!?)作業されます




おぉ とれてきた~♪

10取れてきた



できました!

かなり薄くなりました!!


11とれた



ちょこっとだけついたシミでも

なぜかシミって目立ちます

でもこれだけとれる技術があると

困ったときの駆け込み寺

お願いするところがあると

安心できますね





もう1つ別のパターン


表側も汚れたりしますが

長襦袢の袖口(内側)

身体に直接あたる部分なので

ここもよごれます

長襦袢も着物も

袖口(内側)は要チェックなのです



では、その汚れが着になる

長襦袢の袖口、内側

汚れをとってもらいます




12長じゅばん
黄色の四角で囲んだ部分が汚れてるところです




ただ今作業中


13とれてきた



すいません!

写真が手ブレしてピンボケしてます

ガーーーン、ショック

でもキレイになったのは

わかりますでしょうか

14長じゅばんのシミとれました




料金を頂かないといけませんが

こうやってきちんとシミや汚れを

とってくださいます

困ったときは頼りになる駆け込み寺へ

駆け込んじゃいましょ♪

着物がキレイになるとすっごく嬉しいです



次回もちょこっとだけ
‘しみ抜き編パート3’を書きますね



ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyou.com






コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労様です!

こんにちは! 寒い中 レポートご苦労様です!

職人さんは どうしてこんなになるまでほって置いたのか?ときっと疑問に思われるでしょうね 少しづつ箪笥の中で変化するから 本人は分からないですね 気楽な事を言っていては駄目なんですが・・・。(笑)

職人さんも 長年にわたり 色々研究なさって技術を磨かれたのでしょうね 気が付いて困っている時 本当に助かりますね でも 大切な着物を預かるのだから 気の使うお仕事ですね シミが抜けた時は 爽快でしょうね 本当にご苦労様です。

ケイコさんへ

おはようございます!
今日の気温、メッチャ寒いですね!
こんな日は暖かいもんが一番、晩御飯暖かいものにします☆

> 職人さんは どうしてこんなになるまでほって置いたのか?ときっと疑問に思われるでしょうね 少しづつ箪笥の中で変化するから 本人は分からないですね 気楽な事を言っていては駄目なんですが・・・。(笑)

そうそう!
はじめついた時より箪笥で眠ってる時にシミは濃くなる!
ん?なんだか若いころに浴びた紫外線が年齢を重ねると出てくる・・・!?
おんなじ感じかもです~、しかも今私まさにその状態ですっ(><)


> 職人さんも 長年にわたり 色々研究なさって技術を磨かれたのでしょうね 気が付いて困っている時 本当に助かりますね でも 大切な着物を預かるのだから 気の使うお仕事ですね シミが抜けた時は 爽快でしょうね 本当にご苦労様です。

わたしもそう思います。たくさんの鍛錬の上でこの技術が
培われて、シミも汚れもキレイにできるんですものね
絶対キレイになったら楽しく充実感ありますよね
その気合のおかげでお客様からのご依頼に対応できるので
ありがたいです(*^0^*)

3代目さんも職人さんもステキLOVE★⌒ヾ(^-'*)

 静京呉服京染店3代目さん こんばんは。

 時間が経過した汚れは、強敵ですね(´ヘ`;)
でも、不思議な形の機械で とれちゃうんですね(゚―^d)グッ!
 職人さんに対する3代目さんの愛が、記事から伝わってきましたぁ(#ノ▽ノ#)
 困ったときは頼りになる駆け込み寺へ駆け込んじゃうのが イイですね(゚∇^*)dグッ!
3代目さんがおっしゃるように、着物がキレイになるとすっごく嬉しいですものねヽ(* ‘―’)ノ

 ではまた☆

コウさんへ

こんばんわ!いつもコメントありがとうございます!
今日は春の兆しが感じられるちょっと暖かな日でしたね~
いつもどおり寒さ対策ばっちりで着こんだら暑かったです(^^;

駆け込み寺的な職人さん♪たのもしい職人さんが
いてくれるからこそ安心してお客様のたいせつな
着物のお手入れができるんですもの~
お客様にとっても、こういう方がいてくれると
何かあっても大丈夫☆って思えますものね。
キレイになる喜びをたくさんの方に知ってもらいたいです♪
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。