職人さんレポート【しみ抜き パート3】

前回・前々回と続いてしみ抜きをされる写真を

ご紹介させて頂きました。おぉ!と思うスゴ技

一緒におぉ!と思っていただけたら嬉しいです


今日は追記です

色々な道具を使って作業されてました

その一部の道具を写真にとらせて頂きました


15コテ



丸い鉄のしゃもじみたいな形のもの

これなーんだ?


正解は


コテ

熱いので扱いは要注意

形はちがえど、コテは色々な場面で見ました

和裁でも使いますし
(人によってはハンドタイプのアイロンかも)

紋を書く作業、紋意匠の方も使ってました



ほかにも

これ何だ?

16絵具



ちょっと色が暗いですけど・・・

染料です


これで、染料の一部を写真に
とらせてもらってますけど
数が少ないけど、生地と同じ色を
作って補正したりするそうです

決して数は多くない染料を
混ぜて、同じ色をつくれるって
スゴ技じゃありませんか

わたしは絵具でも同じ色を作れって
いわれたら難しい気がします。



スゴ技追記でした。


いろんな技を使ってお客様の大切な

きものをお守り、困ったときは

駆け込み寺的な存在の職人さんのレポート

楽しんで、またちょっとした知識につながり

ましたでしょうか~。


困ったときは頼もしい職人がおりますので

ぜひお声をかけてくださいね

着物をみんなでおまもりします。


ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(↑しずきょうごふくきょうそめてん)
住所:大阪市中央区谷町6-8-12
TEL・FAX:06-6761-6764
HP:http://sizukyou.com








コメントの投稿

非公開コメント

3代目さん、こんばんは~

職人さんレポートお疲れ様でした

着物を携わるお仕事も色んな方の技法が生かされ
てる事がわかりました
最後の3代目さんの言葉通り着物をみんなで
おまもりします・・は心に響きましたよ



凄い事ですね!

描くものにとって 毎回 色出しは苦労しますが 分量を量らず 感で調合なさるようですね 本当に職人さんの感性は素晴らしいです 日々の積み重ねは驚きの現象を起こしますね。

何時も 目にするたび 私も 日々精進し頑張ろうと思います 有難う!

ケイコさんへ

おはようございます!
お天気のいい雛祭りの日になりましたね~♪
今日は大阪城とか気持ちいいだろうなぁと思いながら
大阪城の横を原付で走り。お店におります(^^

自分の思い通りの色を出すのはケイコさんも
苦心されてるところなんですね。職人さんの
目の前にある生地の色そのものを出すのって
そうとう高い技術なんだなって再確認しました

ケイコさんの刺激になってこのレポートも
役に立てたかな♪それならうれしいです♪

エマーブルさんへ

おはようございます
コメントありがとうございます!!

普段見れない職人さんの技術の一部を
写真におさめさせてもらいました~
ちょこっとでも参考になったらありがたいです!

着物の世界は何事も一人でできるものでは
ないので(お仕事を分担してるからなんです)
ほんとにみんなで守ってる。って思います

広い着物の世界ですが、一番は楽しく
きものを着ることです~♪エマーブルさんも
きものの世界へいかがですか(^-^)/
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク