夏の着物のお手入れのお話

早いもので9月

気候が不安定で

なかなか秋を迎える

気持ちにはなりにくい

そんな今日この頃ですが

今日は、夏のきものの

収納前のお手入れについて

お話をしたいと思います


お手入れイメージ写真



夏に着物はお召しになられました

でしょうか?夏に着物ははねぇ…

とおっしゃる方も多いですが

着てみると、シャキッ☆っと

気持ちが切り替わりますし

夏の着物は、見た目に涼しげで

サラリと美しいのが最高です

日傘をさしてスッと歩けば

もうみんな振り返りますね



夏に素敵に着物をお召しに

なられましたら、お手入れも

心がけたいですね



毎年毎年、絶対夏の着物は

お手入れを強くお願いしています


お手入れをしてなかった

ばかりに、去年汗をかいた部分が

変色して困ったり。せっかく頂いた

着物、開けてみると汗のシミが!!

うぅ悲しいけど着れないじゃない…

こんな悲しい場面に遭遇することが

職業柄、あるので

そんな場面を目にしますと

お手入れをしていて下さったら…

って思ってしまいます。

着た後にお手入れをする

それだけで着物は気持ちよく

ずーーーっと(基本3代続いて

着ることのできるのが着物ですもの)

着られます。だからこそ

少しの努力を惜しまないで

頂きたいと思います。




そこで夏の着物(長襦袢)の

お手入れどうしましょう


シーズンが終わっていざ

箪笥に収納する前には・・・


夏物はプロにお手入れを

お願いして下さい



その時は汗抜き

をお願いしてくださいね


あれーーおうちで出来ないの?

って思われましたか?



麻・木綿の着物はもちろん

おうちで手洗い(もしくは

ネットにいれて洗濯機で

手洗いモード)してくださいね

でも絹のきもの・長じゅばんは

プロへご依頼頂くのが

一番だと思います。

汗抜きが大事ですし

おうちでされて縮んだり

してたら困りますもの。


まずご自身で着物・長じゅばん

をチェックしてみて下さい

汗を含んだ着物はおうちで

陰干ししておられても

着用時のシワが残ってるはずです


袷の着物なら汗をかいてないと

干してると重みでシワが

伸びますが、夏の着物の汗を

含んだ帯まわりは特にシワが

伸びないです。


このまま箪笥にしまうと

今は色はかわりませんが

1年後の夏にさて着よう!

と思って出してみると

汗の部分は変色してます


1年かけて茶色のシミに

変化するので、ご用心なのです



それに、衿まわりってご自身が

思っておられるより汗がついて

よく見てみると汗が白く粉を

ふいたみたいになったりします


また袖口も汗と皮脂の汚れで

よごれていたりします



これって、お父さんのワイシャツと

同じような感じに汚れるなぁ

って思ってます

(世のお父さん方ごめんなさいね)


ワイシャツの汚れは

衿・袖口が一番目立ちますよね

そしてまた取れにくい!

私も旦那さまのワイシャツの

衿と袖口に泡のハイターみたいなの

しますが、まーーーとれにくい


女性だからと言って、汚れが

落ちやすいってこともないですから

着物も同じ、衿・袖口の汚れは

早い目にとっておかないと

とれにくいわけですよね。



そういった汚れをしっかりとって

もらって、また汗抜きしてもらったら

キレイな状態に、さらに美しく

湯のし(蒸気でシワをのばす)を

するのでピシッっとしつつ

やわらかな仕上がりになります

※当店の仕上げは湯のしをしてます
アイロンでカチカチに伸ばすのとは仕
上がりが違い着物の美しい風合いがでます


来年も気持ちよくお召しいただける訳です

そして再来年もまたその次も

そして、生まれた次の命が

成長してくれたらその着物は

受け継ぐこともできます



なので、うぅ面倒。。。

なんて思わないで下さいね



着物とのお付き合いする

着物と対話する大事な時間

来年も再来年もまた着よう♪

そんな前向きな気持ちで

いられる楽しい時間だと

私は思いますので

お時間がある時に

着物と向き合ってあげて下さい



最後に当店のコマーシャル

心をこめて着物を大事に
美しくお手入れいたします

丸洗いをご依頼頂きましたら
汗抜き・簡単なしみ抜きも
させて頂いてます
追加料金がいらないのが
安心です。昔からの職人に
よるほとんど手作業なので
優しい仕上がりです
丸洗いの詳細はHPを
ご覧になって下さい

静京呉服京染店HP丸洗いのページ
http://sizukyou.com/maruarai

ランキングに参加中です ブログをご覧くださったみなさま
ぜひ応援のクリックをお願いします 何よりの励みになります

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク