【きもの学】の感想

『きもの学』講義が昨日で終わりました
あっっっという間に終わってしまったぁ
というのがホンネかもしれません
それだけ充実して毎日毎日一生懸命耳を
傾け、ノートもいっぱいとるすばらしい
講義ばかりだったからだと思います。
本当に受講させて頂けたことに心から
感謝したいと思います。





最終日、帰りの空は夕日の赤をうっすら
抱きつつも青々と美しかったです
青空の京都タワー



きもの学のレポートと言うと主催者様に
ご迷惑がかかるかもしれません。
ですので、きもの生活文化情報サイト
きものねっと きもの学カリキュラム

をご覧いただくと記載されてます
その講師の先生のご紹介と、あとは
私の感想をお伝えしたいなと思います(*^^*)


初日と2日目第三講義までは書かせて
頂きましたので、続きから参ります

講義テーマ
きものと健康
講義内容
きものを着ることが心身の健康に
どのようにプラスになるかを検証します

講師
奈良女子大学大学院教授
日本きもの学会会長代行高橋裕子先生


京大病院禁煙外来担当医で実際に
お仕事されていらっしゃいます
仕事も着物でされるそうです!!
これがスゴイです!!
更にはNHKの健康番組で洋服を指定
されたところを着物を主張されて
実際に着物を着用されて番組に
でられたそうです!
カッコイィーーなんて先生の
そうそうたる経歴に驚きながら
お話を伺いました!

講義は、きものは健康にいいんだよぉ~♪
(いやいや、こんなくだけてませんけどね)
ってお話。
(スイマセン、私の説明はざっくりしてます
けどね、詳しく楽しくお話してくださってます)
そうです!きものは健康にもいいんですね!!



講義テーマ
きもの選びは心選び

講義内容
人の一生には様々な儀式、行事があります。
その時には相手との関係や自分の立場で着
るものが変わります。それはお洒落を超え
た心の表現にほかなりません。きものの種
類を知り、シチュエーションとの調和を学びます

講師
NPO法人和の未来理事長
装賀きもの学院院長
安田多賀子先生


安田先生は、NHKの番組で
わかりやすく着物について
説明してくださってた先生
だったので、あぁぁ!あの方!
テレビの人が目の前に!
そんな感じでした(^^;


色々お話くださった中で
日本人の優しい丁寧な心遣いが
着物のTPOにつながって
いるんだな、と感じました



講義テーマ
きものの歴史

講義内容
江戸時代までのきものは「小袖」
と呼ばれていました。中世から
近世に、着用されてきた小袖を
概観します

講師
華頂短期大学教授
馬場まみ先生

みなさん、おととし?だったかな。
天王寺の大阪市立美術館の
「小袖 江戸のオートクチュール」展
はご覧になられましたか?
豪華絢爛な小袖がたーくさん展示
されてましたよね
まだ記憶に新しいのではないでしょうか
その小袖たちの歴史を聞かせて頂くと
またこの展示会があったらいいのに
見たいなぁと思いました。



講義テーマ
きもの用語と着付けの基礎知識

講義内容
各部分の名称、きものを着るときに
必要な小物などを説明しながら
着つけのプロセスや美しく楽に
着るためのポイントを紹介します

講師
服部和子きもの学院副院長
服部有樹子

感想は…
先生、めっちゃ可愛いんですけど…
ほんとしゃべり方も可愛い(*ノ▽ノ)
いや、ほんとに私がこんなん言うの
おこがましいですがラブリーな方♪
どんな方か、アメブロをされてるので
そちらをご覧下さったら分ります♪


すいません話がぶれてる気がしますね


ここからは、着物の知識
そのものなので、感想とか
うまく書けないので
講義テーマ・講師の先生の
お名前を記載させて頂きます


もちろん!
そうそうたる講師の先生方
そして専門分野のお話は
ありがたい。。。と
手をあわせながら聴きたい!
そんなお話ばかりでした


きものの文様
(財)西陣織物館顧問藤井健三先生

全国のきもの染織産地の分布と概観
京都伝統染織学芸舎主宰
日本きもの学会
常任理事富山弘基先生

きものと長く付き合う
~悉皆の仕事~

京染卸商業組合青年懇話会
幹事長㈲橋村幸商店
専務取締役橋村彰太先生

NHK趣味DO楽に先生で
出演されてました♪


きものと帯の種類
㈱ゑり善
取締役商品部長
伊藤廣明先生



染のきものができるまで
きもの染色技術研究家
倉敷芸術科学大学元教授
生谷吉男先生

織のきものと帯
(財)京都伝統産業交流センター
専務理事八田誠治先生

「西陣できもの復活」を聞く
㈱秦流舎 舎主
西陣織工業組合 理事
野中健二先生
インタビュアー
「日本のきもの+」編集部
編集・発行人清田のり子先生

清田先生やっぱり好き♪

ブランディング(まとめ)
京都学園大学
非常勤講師
亀岡商工会議所
専務理事 清水宏一先生


文章が長くなるので、最後専門的な
ところはお名前だけにさせて頂きま
したが、きものねっとの「きもの学」
から引用させて頂きました



まるで野球のWBC見てるみたい!?
野球は疎いですが、WBCって日本の
選手の第一線の選手が世界を相手に
戦いますよね。それを見てるかのような
熱い雰囲気なのです!!!
熱い試合を観た後って興奮が
冷めやらぬって感じになりますでしょ
講義が終わったあともそんな気分です


第一線でご活躍されてる講師の先生
の生のお話がきけるなんて
プレミアムチケットを手にしたような
私は超ラッキーですね

講義を勉強させて頂いて
本当によかったです

きもの世界の奥深さ、歴史・技術・産地
織りや染め・着付・TPO・所作・・・・
すでに書ききれません(;;)

それだけのものが、一枚の着物に
集約されてるんですものね
日本人もつ着物の文化は奥深く
美しく技術すべてが素晴らしいです

その事をもっともっとしっかり
学んでいきたいと思いました
そうです!
きもの学はこれからなんです!!!!

(そんな風に教えてくれた
ツイッターのフォロワーさんが
おられるのです、目が覚める
お言葉でした)


そして未熟ではありますが、私が
強く思う、きものは、心や想いが
つたわる素晴らしいツールである
こと。それを心に留めて学んだ事
を生かしてお仕事をしていきたい
と思います



みなさまの着物を愛する気持ちの
なにか少しでも刺激になれたら
この日記もお役に立てたかな。
と思っています
長い文章にお付き合いくださって
ありがとうございます

できましたら、色々な方に
読んでいだきたいので
下のバナーのクリックを
お願いできますでしょうか

ランキングに反映いたします
そのことで読んでいただける
方が増えると思いますので
どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク