スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅型~琉球王の朝のいろとかたち~

大阪市営美術館の特別展示
沖縄復帰40周年記念 
紅型 BINGATA
琉球王朝のいろとかたち



こちらを観てきました♪
今日はそのレポートです
展示物のお話以外にもいろいろレポートしたいと思います!


展示会の詳細は大阪市営美術館HPをご覧になってください
沖縄復帰40周年記念 紅型 BINGATA 琉球王朝のいろとかたち
期間:平成24年9月11日(火)~10月21日(日)
場所:大阪市営美術館 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82 (天王寺公園内)




大阪市営美術館は天王寺公園内にありますので、入口は天王寺公園から入ります

1天王寺公園入口


中に入りますと・・・

ライオンさんがお出迎え、ちなみに右の方には大阪のシンボル通天閣も見えてます♪

2天王寺公園入ったところ



入口から天王寺公園内歩くこと3~4分

大阪市営美術館に到着です

3紅型



さ!いきましょう!


日本の歴史のなかで唯一王国として繁栄してきた沖縄。王国として繁栄してきただけの歴史と文化が深いところでもあります。明治維新後は、王国は崩壊してしまうので王国としての文化歴史が崩壊するもののしっかり守られてきた紅型の技術と歴史。それを数々の紅型衣裳を通じて学ぶことができる素晴らしい展示会であります。

展示されていましたのは・・・

琉球王国尚家につたわる紅型衣裳
細かい型紙に沖縄らしい鮮やかな色彩がいろどられて見ていてテンションがあがること間違いなしです!
技術も高いですが、デザインも素敵なんですよねぇ♪♪どれか1枚もってかえったらダメ?って聞きたくなりました。ダメダメ★

子供用のものもありまして、背守り(沖縄の言葉でマブヤウー)がついていました。本土だけの風習かと思ってましたが沖縄にも背守りの風習はあったんですね

更には、観世水や松竹梅とか、日本ならではの柄で構成されていて、まさに日本と中国の交易を通じて生まれ沖縄の方の高い感性と天然の色素で染められることでこれだけのものができたんだな!と実感します



実物の型紙もきものの横に展示されていたり、染めの道具も展示がありました


フリーハンドで描く、筒描松坂屋さんのコレクションの紅型衣裳も展示があり、たくさんの展示物でゆっくりしっかりみれました


私があれこれ書くよりも、みなさんの目でみて楽しんで頂きたいと思います




大阪市営美術館も美しいんですよ!

中央のシャンデリアと建物の美も目を向けてみてください

以前行った展示会では人が多くてこんなに写真を撮影できなかったので今日は遠慮なく撮影しました♪(館内は写真OKですよ!聞きました!もちろん展示会場内は写真はダメです)



入口入ってすぐこの雰囲気です

12館内


2階から見たところ

4館内シャンデリア




5館内シャンデリア




2階には休憩スペースがありました
(初めて知った~)
そこからの景色は通天閣♪

6館内からの景色


ちょっと休憩しながらシャンデリアをふっと眺めるのもいいですよ~♪


さらに美術館の外には、ゆっくりお庭も散策できます♪

同じく天王寺公園敷地内(美術館横)に庭園があるのですよ~♪


慶沢園

8慶沢園


10慶沢園


ココは天王寺?と思うくらい静か

ゆっくり時間がながれます

この日は暑かったですが、慶沢園内では涼しく感じられました自然っていいですね~


休憩場所からの景色

9慶沢園

まるで一枚の絵のようです。そして窓から眺めると水連のお花がきれいに咲いていました





今ならではの景色がこちら

7西日本一のビル
ヒカリが七色に輝いてます


右は旧黒田藩屋敷跡長屋門

そして左にそびえたつのは現在建築中のあべのハルカス

日本一の高さの複合施設ビルになる予定です

8月末頃には300メートルの高さを超えたそうで…すっごい高いです(^^;

今と昔が交錯しているそんな風景です




さ!この充実の展示会

勉強の秋!ってことで行ってみられてはいかがでしょうか♪

ちなみに着物割引があります!

素敵な着物姿の方もおられましたよ♪

みなさまぜひ着物でGO!してくださいね!!


お帰りには地下鉄谷町線で1本谷町6丁目駅すぐの当店へ遊びにいらしてください(^^)なんちゃって♪


最後に今回のお土産・・・

展示会の図録です(写真右)

復習します(*^^*)

11図録


レポートいかがでしたでしょうか?楽しんでいただけましたか?もし楽しかったよ、見てみたいと思った。と感じて頂けましたら、下のバナーをクリックして頂けますでしょうか。ランキングに反映されてたくさんの方に記事を読んで頂けるようになります。応援して頂けるとありがたいです。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

きもののご相談
誂え・悉皆・着付
気軽にお声をかけてくださいね

静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。