【七五三の小話2】1ツ身から三ツ身へ変身

七五三神社


七五三の着物のお話の前にまず…

赤ちゃんが初めて氏神さまにお参りをする宮参り。その時は一つ身の広袖のきものをかけてお参りしますね


男児には熨斗目(のしめ) 女児には絵羽模様のお宮参りの着物小さい体にかけてあげるととっても晴れやか♪とっても晴れやかな姿は、これから大きくなってね、元気で健やかに成長してねという心から赤ちゃんの成長を願う姿だと思います。



お宮参りの一つ身の着物

もしかしたら、一つ身の着物は一回きりと思われていませんか?

いえいえ、一回きりのものではないのです


お直しをして七五三(三歳の時)に着せてあげることができます

たとえば昔自分が着た宮参りの一つ身のきものがあって

娘が七五三(三歳)を迎える。。。そんなときにはご自身が着られていたお宮参りの着物をお直しして着せてあげることができます


えーー手間でしょ?
って思われましたか?


仕立てなおす必要がありませんので全部を解いて仕立てるということではないので、難しいことはありません

『一つ身の着物を三つ身になおす』というものになります



ポイントは3つ

1.袖
2.肩
3.腰


1.袖は、一つ身の着物は大袖とか筒袖と言って通常の着物のような袖ではなく、腕を通すだけの輪の状態です。七五三としてお直しするのは袖口以外は輪をとじて、袖の丸みをつけてあげます。作業としてお袖はちょっと手間ですかね。解いて、輪をつなげるように縫って丸みを作って可愛らしいお袖にします。お宮参り初着の襦袢についている飾りの袖ははずします

2.肩上げと言って、裄(首の付け根~肩~腕)の長さを長い分だけつまんで、つめてあげます

3.腰上げと言って、身丈の長さを腰のあたりで長さを長い分だけつまんでつめてあげます



1~3を着物と長じゅばん両方してあげますと、三つ身の着物として着用できます♪
男の子も一緒の手順になります。男の子は5歳を迎えて大きく成長されてるので必要に応じて肩上げ・腰上げをしてあげましょう


逆に、三つ身の着物にお直しした後も、一つ身の着物に戻せます。

今の逆の手順で、袖を大袖にもどして、肩上げと腰上げをほどいて、付紐もはずしてあげればOK


お子様が成長されて結婚出産を迎えられたら、またお宮参りで着せてあげれます

これがご自身が着た着物がお子様も着てもらえる秘訣なんです



また7歳の時に着られた四つ身の着物がありましたら、肩上げ・身上げをすることで三つ身の着物として着ることができます

※この場合は、肩上げ・腰上げをするのでサイズ調整はできるのですが、全体的に大きいものを着せるのでちょっと三歳のお子様には重いかも…そこがちょこっと心配なところです。



ね!着物ってすごいですよね!

1回きりではなく、お直しでもう一度きれますし、また次の世代へと受け継ぐこともできます。


※できましたら、次の世代へと受け継いで頂きたいので、
保管には少し気を配ってほしいです
お宮参り・七五三の後に汚れがあったら、丸洗いして頂いて
キレイにしてから保管しましょう。次に着る予定が何十年後
だとしたら、キレイにしておかないと、汚れがシミになって
開けた時にショック!という事があります。
それは避けてくださいね




いっぱいの幸せがある七五三

楽しみですね!

ご家族みんなで、いっぱいの笑顔で過ごして頂きたいと思います



このようなお直しを当店で受付させて頂いております。
しあわせのお手伝いをわたくしどもにお任せいただけませんでしょうか、心を込めてお手伝いさせて頂きます。

静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com




今日の日記、七五三を迎えられるみなさまにとって少し参考になりましたでしょうか。今は写真館でとってもかわいい写真が撮れるのでご自身で着物をご用意される方が少ないかもしれません。でも、ご両親やおばあ様やおじい様が誂えてくれたきものをご自身のお子様やお孫さんが着られた時の感動はものすごい大きいと思います。まず用意する段階から幸せが伝わってきます。孫が着るの♪とほんとうにうれしそうなおばあ様のお姿や、自分が着たものを着せたいんです。とお話下さるお母様。みなさんの幸せなお気持ちがお子様を想う気持ちがきものにいっぱいこもってると思います。その大事な時間をどうか知っていただきたい。感じて頂きたいと心から思います。

こういう事ができるんだ!あ、それなら自分も当てはまる!子供に着せたい!という方に知って頂きたいです。
読んで下さったみなさまへお願いです。たくさんの方に知っていただくにはランキングに反映されるとより広がります。下のバナーをクリックしていただくとその力になりますので、どうかご協力頂けますでしょうか、よろしくお願いします。いつも応援して下さる方も本当にありがとうございます。みなさまの力でこの日記がたくさんの方に読んで頂けます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

一つ身の着物を三つ身になおす

静京呉服京染店3代目さん おはようございます。
私のブログにご訪問ありがとうございました。

着物を新調するのもいいですが、
サイズを直して 子や孫に受け継がせるのも良いですね。
そのお手伝いをして 着物を大切になある3代目さんは、
すばらしいですv-345
一つ身と三つ身のお話は、着物が素人の私には 少し難しかったです f^_^;

着物のランキングは激戦なのに、3代目さんは上位をキープされていてすごいなぁと思いました。
私も、応援させていただいておりますので、とてもうれしいです。
ではまた☆

コウさんへ

こんにちわ!
少し涼しい週末になりましたね♪

> 静京呉服京染店3代目さん おはようございます。
> 私のブログにご訪問ありがとうございました。

こちらこそ!いつも優しいコメントをありがとうございます!!!

> 着物を新調するのもいいですが、
> サイズを直して 子や孫に受け継がせるのも良いですね。

ほんとうにそう思います~受け継がれた着物を着てるってスゴイことでスゴイ感動することだと思うんです。

> そのお手伝いをして 着物を大切になある3代目さんは、
> すばらしいですv-345
> 一つ身と三つ身のお話は、着物が素人の私には 少し難しかったです f^_^;

も・・・申し訳なです!!!!
分かりやすく気軽にきものに接して頂きたくってこのブログを書いているのにわかりにくい文書を書いてしまってました(><)以後気を付けますね!!!!!でも言ってもらえてよかったです!気づかないところでした!!!


> 着物のランキングは激戦なのに、3代目さんは上位をキープされていてすごいなぁと思いました。
> 私も、応援させていただいておりますので、とてもうれしいです。
> ではまた☆

コウさんの力強い応援のおかげ、そして読んで下さってクリックもしてくださる皆様のおかげです~!!!激戦だしランキング維持するのは難しいと思います~。ランキングに浮き沈みがあってもしっかり楽しいブログを続けたいと思います

ランキングと言えば、コウさんはものすごい!!っていつも思いますランキング1~3位以内って紙です☆私も陰ながら応援させて頂いてます♪これからも魅力的な日記を楽しみにしてます♪
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク