スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二部式の帯

大阪のお天気は今日は快適!
空には優しい太陽に秋のうろこ雲
風はやさしい爽やかな秋の風
全部が気持ちいい
こんな日はお出かけしたいですね
もちろん着物がいいですね
先日行かせて頂いたんですが9月17日の日記大阪市営美術館の紅型を観に行くなんていいのではないでしょうか。沖縄伝統の紅型の着物を見て楽しみ、観に着ていらっしゃる方々も着物姿の方が多かったのでダブルで着物を楽しめると思います。それに、天王寺公園の中を通って入場しますので公園内そして慶沢園もゆっくりできてよいです♪ぜひ秋の気候を楽しんで下さい



今日の日記は
二部式の帯です


気候がよくなってきましたので
これからどんどん着物を着よう!
キモノモードにスイッチオン!!!
しませんか(^0^)♪


夏は名古屋帯が帯枕とか
帯揚げが暑いから倦厭されて
いたかもしれません
そういう私が夏はほとんど
半巾帯で過ごしていました


でも秋は違います!
お洒落を楽しむ季節♪
名古屋帯をしめて
帯揚げ・帯締め・帯留め
小物を色々楽しみたいです


でも名古屋帯を締めるのが
苦手・・・
という方には二部式の帯が
あります
簡単に着付られるので
帯を結ぶということが
全然苦痛ではなくなります
楽ちんです

それに派手になった羽織を
リフォームして二部式の帯
にするのもオススメなので
二部式の帯について書きたい
と思います



二部式の帯をご存じの方も
多いかと思いますが
ちょこっと説明させて頂きます
お付き合い下さいね


名古屋帯を胴まわりの部分と
お太鼓の部分を切り離して
つくる帯です


右が胴まわり
左がお太鼓
3二部式帯


お太鼓のアップ
カワイイでしょ~♪
2二部式帯


お太鼓の後
4二部式帯





胴まわりの帯は胴に二重にまいて
紐がついているのでその紐を
結んで帯のなかに隠せばOK

そのうえからお太鼓を帯枕と
一緒につけたらもう帯をしめた
状態になります


腕が後ろにまわりにくい
少し体の自由が利きにくくく
なった方や
帯を結んでいるだけで
汗が出る(><)
とくに夏!また普段でも
帯結びで困っていらっしゃる方
時間が短縮できて形も決まるので
そういった点でもオススメです


そして
リフォームをして生かす

という点でもオススメなんです


この写真の二部式の帯は
もともと総絞りの羽織でした

洗張りをして二部式の帯に
仕立てたものの写真になります


洗張りをした後の状態
コチラを帯に仕立てました

1二部式帯


羽織のリフォームは道行・道中着のコートにできます

でも私の一押しは帯!


羽織の派手に感じるもの、また身丈が短いものがおうちにあるという方も多いかと思います。ちょっと昔は短い丈の羽織が多かったからですが、柄がカワイイ、アンティークなものも多くみられます
でも身丈が短くて着るのはちょっと難しいものは、こうやって柄を生かせる帯にするのがいい方法と思います。


他にも、名古屋帯でも手先が短くて柄だしがうまくできないものもありますよね。そういったものも二部式にしておくとお太鼓と前柄を合わせた状態でつくれますので、とっても便利になります。


帯がうまく結べないから二部式にするのではなくって色々と便利でおしゃれにも使えるから二部式の帯をつくるという感覚で考えた方がきっとお手持ちのものを生かせるのではないかと思います。


使いやすくっておしゃれも楽しめる二部式の帯についておはなしをさせて頂きました。ほほぉ二部式もアリだな。と感じて頂けたでしょうか?帯を切ってつくるから抵抗がある方もいらっしゃるかな
と思ったりもしますが、メリットを考えてご自分の使いやすい方を選んでいただいた方が使う回数が増えて結局よかったと感じて頂けると思うんです。眠らせるより使って楽しんで頂きたいです♪
読んで頂いてありがとうございます。楽しく読んでいただけましたら下のバナーをポチッとクリックお願いできますか。ランキングに反映されます、応援のポチどうぞお願いします(^0^)/

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

お店で二部式の帯のお仕立て伺っています♪
もちろんふつうの名古屋帯もお仕立ていたします
反物のお持込も対応してますので
気軽にお声かけてくださいね
メールでもお問い合わせ頂けます


静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。