Salon・de・静京

お茶


Salon・de・静京

おフランス風な名前

何だろう?って思いますよね

気軽に着物のお話をしに

いらしてほしいなぁ~

という想いでつけた名前


何かと申しますと・・・



お手持ちの着物や

これからどんな着物を

着て行ったらいいのか

なんとなくどうしたらいいかな?

そんな風に疑問や不安に思うこと

いろいろありませんか?



昔はおばあちゃんに聞けば

なんでも知っていて

用意も着付もしてくれて

自分はなにもしなくて

大丈夫♪おばあちゃんが

いてくれたら心配いらない♪

そんな頼もしいおばあちゃんが

みなさんの着物を着る晴れの日を

ささえてくれたと思います



でも今はそんなことも少なく

なってきているように感じています



静京呉服京染店がおばあちゃんの

ように…と言ってはおこがましいですが

おばあちゃんに聞いてみよ♪って

そんな風にお役に立てたらと思っています




でも・・・・


呉服屋さんって入りにくい

イメージが強いと思うんですね

だから

Salon・de・静京

何とな~く疑問に思っていた事を

何気な~く気さくにお話してみませんか

お見積りする。。。とか

そんなカタイ感じではなくって

『こんな風にできますよ』

『こうしたらいいのではないかな』

着物ってこうやったらいいんだな

面白いなぁ。ってそんなお話を

一緒にしたいです




サロンですから

お茶をご用意してます♪





おしゃべりしに遊びにいらしてください♪

それがSalon・de・静京です




11月の土曜日

(11月3・10・17・24日)


Salon・de・静京

営業致します

もちろん通常どおり

お仕事のご依頼も受け付け致します

ちなみに土曜は三代がご対応させて頂きます



気候もよいので、空堀散策のついでに

また近くにいらした時に

お立ち寄りくださいね

※もし日程が変更する場合はブログでご連絡いたします


ランキングに参加しています。着物の魅力をたくさんの方に知っていただきたいのでぜひ応援ポチっと下のバナーをクリックお願いします↓↓みなさまのクリックがとっても強力な力になります↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


↓お店の情報はコチラ↓


静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com




こんな姿の私が皆様をお迎えいたします
2012年10月8日着物姿
10月8日の着物:紺地の御召の単衣着物に縞の八寸名古屋帯

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Salon・de・静京」いいネーミングですね。
ショーケースに高級着物が飾ってある呉服店って、個人的に入りにくいんですが、静京さんはアットホームな雰囲気で、聞き上手な三台目のおかげで、つい時間を忘れて喋ってしまい、迷惑をおかけしたかもしれませんが、空堀大好きなんで、Salon・de・静京 今度は奥さん連れてお邪魔しますね。

タケさんへ

タケさん、コメントありがとうございます☆
敷居を感じて入るのさえハードルを
感じてしまうという呉服屋さん。
そのイメージを払拭できたらなぁー
もっと気軽に着物のお話ができる環境が
あるといいなぁーーーーと思って
考えました。いろんな方が気軽に
来てもらえるといいな。と思ってます
タケさんご夫婦もお越しをお待ちしてます♪
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク