スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短い名古屋帯を長くする

大阪のお天気はとっても気持ちいい空気です。秋らしいなぁ♪とウキウキしてしまいます♪明日は土曜日、皆様お休みでどこへお出かけされますか?わたくしごとですが、お店がお休みなので旦那様と私のお友達と今日の夜から出発して釣りに行く予定です(^^)小さいのでもよいので釣って帰りたい。着物も大好きですがたまにはアクティブな過ごし方をしたいと思います。でもどこへ行っても良い気候の時は楽しいものですよね、みなさま楽しい週末を♪




先日、結びにくい帯は二部式という帯まわりとお太鼓部分を2つにわけてつくる帯にされると便利ですね。というお話をさせて頂きました →2012年10月3日の日記
今日は、また違った帯のお直しをご紹介させて頂きたいと思います。


お嬢様へ受け継ぐために…とおうちにある黒の名古屋帯(喪服用)をお店にお持ち頂きました。状態はきれいですが、困ったことに、とってもとっても短い!!!実際に結ぶのは難しいくらいの長さでした。
1名古屋帯




その帯を帯が結べるように長くする
というお仕事をさせて頂きました


継ぎ足すことができるんです



必要なものは長くするので、継ぎ足すための生地。
黒なので生地はこちらでご用意できました
あとは中に入っている帯芯が必要です
帯を結べば見えない部分を継ぎ足しします



ビフォーの写真がこちら
長さは約3m15cm
※帯の上に置いているのは2尺さしです(1尺=約38cm)
2ビフォー名古屋帯



では継ぎ足しをして出来上がった写真をご覧いただきます


継ぎ足したところがココ
4アフター名古屋帯

5アフター名古屋帯

全体を見ても長くなってるのがわかりますよね
3アフター名古屋帯

それに同じ黒なので見た目にはそんなに遜色ないと思います


6アフター名古屋帯
ここが継ぎ足した生地の部分
約60cm生地を足しています

出来上がりは約3m75cm



丸洗いしていませんがもともと状態がキレイでしたので、たとう紙にいれましたら、まるで新しい帯のようです
7アフター名古屋帯


たとう紙をとじたらこんな感じです

当店のたとう紙はこちら
椿の柄が愛らしいでしょ(^^)
8アフター名古屋帯



ということで…足す生地がありましたら帯を長くすることが可能です。似た色の生地があればよいですね。職人さんからしたら新しい帯を仕立てるより手間(^^;っておっっしゃってます。そうですよね。でもこれでお嬢様が受け継いで使って頂けると思うとよかったな♪と思います


こんな風に着物は少し手を加えると生かすことができますので、困ったことがありましたらぜひお声をかけて下さいね。着物ライフの楽しみが広がるようご提案をさせて頂きたいと思います


こんな事もできるんだ!って感じてもらえるといいなーって思ってます。着物は生かす方法がいっぱいあります。深いですし楽しいですね。ほほぉ♪スゴイ♪そんな風に思って頂けましたら下のバナーをクリックしてやってください。ランキングに反映されます。みなさまのポチっとクリックがすごく力になりますのでおねがいしま~す☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

お店はコチラ↓

静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com



ブログを書いてる私の今日の着物は紬。自分で仕立てた愛すべき作品です♪
2012年10月12日着物姿

コメントの投稿

非公開コメント

海へ川へ

静京呉服京染店3代目さん おはようございます。
私のブログに 3周年のお祝い ありがとうございました。

帯も継ぎ足せるんですね。
3代目さんの 物を大切にされるお気持ちは、すばらしいです。
たとう紙も 綺麗です。
でもそれ以上に、ご自分で仕立てられた紬をお召しになってる3代目さんは、美し過ぎv-345

大物を釣り上げられることを 期待しておりますv-291
私は、水都大阪フェス2012があるようなので、
中之島周辺の船でも見に行こうかと思っています。

ではまた☆

コウさんへ

こんばんわ!中之島の水都大阪フェスいいですね〜♪
釣りがなければ絶対行ってました(^^
コウさんのレポを楽しみにしてます♪

着物はリサイクルの技術がものすごい高度だと思います。技術もそうですが、リサイクルできるようにはじめから考えられた構造が何より素晴らしいです。日本人の古くからの思想がこれだけ素晴らしいことを本当にたくさんの肩に知っていただきたいな。と思います。

いつも嬉しい言葉をありがとうございます☆
優しいコウさんのブログを私も楽しみにしてます♪

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。