手先の短い名古屋帯を二部式にすると…


二部式の帯を作ってみました


手先が短くて、使いづらいと思いつつも使っていた帯です。
便利になるし、みなさんに見てもらえるし…と思って二部式の帯に仕立ててもらいました。どう良くなったかを写真いっぱいとったのでご覧ください♪



お気に入りの萩の柄の名古屋帯です
頂いたものなので、ほんとうは糸がとれてる部分もあり、シミもあり…という使い込んだものです。愛着あるので使うのですが、やっぱり柄だしができない(;;)と残念な気持ちになってしまうんです。そうして少し間があいて…やっぱり使ってみようかなぁ…って使うとやっぱり柄出しが…って繰り返してました

1二部式の帯をつくる

2二部式の帯をつくる




お太鼓の柄が出るように結ぶとこうなります

手先が短い
この状態から帯の中に折って入れると、体の真ん中くらいまでしか届きません

3二部式の帯をつくる


前柄が端にくる

4二部式の帯をつくる





残念です(;;)



そこで、二部式の帯にします

お太鼓部分と胴まわりに二つに切ってあげます。手先はお太鼓につけます。この方法は、手先の短いという欠点がカバーできるようになります。また帯結びが苦手な方・年齢を重ねて手が背中で上手に動かせなくなった方にとっても便利な方法になります。



出来上がりをご覧ください


こう二つになって仕上がります

7二部式の帯をつくる



お太鼓
5二部式の帯をつくる


紐をつけてもらってるのでこの紐を胸で結びます
6二部式の帯をつくる

9二部式の帯をつくる

10二部式の帯をつくる




胴まわり

8二部式の帯をつくる

同じく紐をつけてもらってますので、この紐でしめます


実際に着付てみましょう



1胴まわりを結びましょう

11二部式の帯をつくる



ちゃんと前に柄が出ています
紐を結びます
普段この方法をしてないかたは締め具合を心配されるかもしれませんね
でも私も使ってますが(この帯もそうですが、他にも二部式の帯をもっているので)特に問題なく安定して締めていられてますよ♪やっぱり心配…その気持ちもわかります、使い勝手を試してみたい方はお店にいらして下さるとこの帯があるので試して見られてはいかがでしょうか♪


後はこうなります
12二部式の帯をつくる




2お太鼓部分

お太鼓を背負って紐を前で結びます
13二部式の帯をつくる


14二部式の帯をつくる





3枕をつけます
15二部式の帯をつくる




4お太鼓を好きな長さで決めて腰紐をかけてお太鼓形をつくります
 ※この帯はお太鼓の形は自分で調整できるタイプになります。完全にお太鼓部分も形つけてお作りすることができます、その方が早くて楽という方もいらっしゃいますし、お太鼓の形は自分で作りたい方もおられるので、好きな方をお選びいただけます

16二部式の帯をつくる



5帯揚げ・帯締めをしめて完成です
17二部式の帯をつくる




ちゃんと柄が前に出ていて、お太鼓の柄もバッチリ!
前は柄出しするのに奮闘していたので、時間がかかる&手間がかかる帯でしたが…時間も短縮されてストレスフリーで着つけられます

またお好みで写真とちがうカスタマイズもできます
紐はつけない
お太鼓の上のラインに自然なカーブをつけるヒダをつけたりできます(写真はつけてないです)
完全にお太鼓の形を作ったものもできます




古いものですが、これからまだまだ使えるようになりました!古いけど新しくなった気持ち、うれしいです!この帯を大事にできたというそんな嬉しい気持ちもあります。なによりこれからいろんなコーディネイトを楽しめます♪




ご覧いただいていかがでしたか?使いづらかった帯がこんな風に少し手を加えてあげることで生かされます。着物のもつ魅力の一部だと思います。



手先が短い帯って珍しくないですよね。アンティークの帯をお持ちだったり、お母様おばあ様の帯をお持ちの方などはそうなの~って思っておられる方も多いのではないかと思います。柄だしができないという理由で眠ってしまっている帯を使ってあげるようにできるメリットは大きいですよね

それから…先ほども書きましたが、帯結びがどうしても時間がかかってしまう方。着物まではキレイに着れたけど、帯が…帯揚げ…帯締めをしていたらもう出発の時間(><)焦るからもーーってなって、汗だく!!みたいなこともあると思うんですね。私も慣れない頃は汗かきかきで着付けしてましたからわかります。それに時どき着物を着られる方にとっても思い出しながらの着付なので、大変なことをもあると思います。帯が楽だとだいぶとその焦りも解消されるのではないでしょうか

さらに…年齢を重ねるとどうしても体がいうことを聞かなくなって…あると思うんです。これは今まで頑張ってきたので体が疲れちゃったよ(;;)というサインですよね、できたら体をいたわってあげてほしいです。でもすぐに治るものでもないかと思います。着物は着たいけど、腕が思うように…というつらいお気持ちが、帯が簡単に結べるととっても嬉しく着物が着られると思います。年齢を重ねても着物のおしゃれを楽しんでいらっしゃる方、すっごい素敵ですよね!ぜひぜひ後ろ向きになっていらっしゃったとしたら、こういう手を使って楽しみをとりもどしてほしいです


あとは…時々左右が逆に仕立てられている帯があります。いつもと逆にすればよいので結べないことはないですが・・・・やっぱり結びにくいですので、二部式にすると楽ですよね。お持ちの方がいらっしゃるかも?


私が思うメリットは以上なんですが、他にもこんなメリットあるよ♪というご意見ありましたらぜひ教えて下さい(^-^)/




気になる料金ですが…
名古屋帯⇒自由文化帯仕立て 
8000円


箱にお入れしてお渡しさせて頂いております


実物を見てみたい。と思って頂いたら、お店に置いてますのでお声をかけてください。こんな風になってるんだ~って実感してもらえると思います。



写真がいっぱいで、文章も長かったのでお付き合いくださりありがとうございます!!!日記が面白かったわ~♪って思って頂けたら、下のバナーをぜひぜひクリックしてやってくださーーーい。ランキングに反映されてたくさんの方に読んでいただけまーす!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



☆これからちょっとだけブログのペースはゆっくりになりますが…ぜひぜひブログに遊びに来てくださいね☆


お店はコチラ

静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【手先の短い名古屋帯を】

二部式の帯を作ってみました手先が短くて、使いづらいと思いつつも使っていた帯です。便利になるし、みな

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3代目さん、こんばんは

二部式の帯があるんですね
凄く便利そうです
私は知識がないので着物の付属品の事も
帯の名前さえ恥ずかしい事に知りませんでした
3代目さんのブログで丁寧にわかりやすく説明されて
とても良い勉強になります

お写真と解説、有難うございました^^
ブログも応援しますね


これは便利

静京呉服京染店3代目さん こんばんは。

二部式の帯って あるんですね。
ちゃんと柄が前に出ていて、お太鼓の柄もバッチリ!だとか、
結びやすいとか、メリットばかりですね。
そのお直しが、たった 8000円とは お手頃です。
二部式の帯を締められた3代目さんも、素敵ですv-345

ではまた☆

エマーブルさんへ

エマーブルさん♪
コメントありがとうございます♪

そうなんです。帯は長いまま使いますが
切って使う方法もあるんです~
融通が利くって知ってもらえると
ちょっと着物が身近に感じて頂けるかな?と
思ったりしてま~す(^^)

優しくって美しいエマーブルさんのブログ
もちろん私も応援してます☆☆☆

コウさんへ

コウさん、こんばんわ

週末はステキな時間を過ごされましたでしょうか
日曜は雨だったので、一雨ごとに寒さが
深まる感じがします

着物を着る方にも着ようかなと
思ってる方にも知っていただけると
着物がより身近で実は色々できるって
感じてもらえるきっかけになればいいな!と思ってます

いつも嬉しい言葉をかけて下さってありがとうございます!
今週もお仕事頑張ってくださいね。
クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク