スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い頃の道行コートを染める☆

お店では
あなたを想ふナツノソラ
-三品 雅子展-

開催中です★


ですが、通常のお仕事も

並行して受付しております



今日は染めのお話です


若い頃の朱色の

明るい道行コートを

年齢を重ねても

ずっと着られるように

染めたいというご依頼でした



出来上がりまでの写真を

ご覧いただきたいと思います



まずはお預かりさせて

頂いた時の状態です


2014年8月6日2



2014年8月6日1



朱色が鮮やか

透かしの模様が入った生地

地模様もはっきりしていて

質感もよく

素敵です


2014年8月6日3




でも


年齢を重ねて

ずっと・・・

という色ではないので


この色をベースにして

上から色をかけて

染める


※脱色しないで
染める


表地も

肩裏も

両方上から色をかける

というご依頼でした



まずは

解きます

着ていたものですから

一旦洗います(下洗い)


反物の状態にするため

は縫い(バラバラの生地をつなぐ縫い方)

をします



洗って綺麗になったら

表地の朱色の生地を

ご希望のえんじ色になるように

染めていきます

ですので今回は

色を抜く工程がないパターンです





さ!染めあがりを見てみましょう


エンジ色に染まってきました
色見本の一番下左の色がご希望の色です

2014年8月6日7


肩裏も同じく色を淡い色で染めています

2014年8月6日8



朱色のイメージから

変わりましたね!




あとは

お仕立てをします




先ほどの襟元の写真と

見比べて下さると

よくわかると思います


2014年8月6日4





透かしの部分も

肩裏が見えて

ちょうどいい落ち着いた

ピンクが透かしで見える

おしゃれになりました!




2014年8月6日5






後ろ身頃はこんな感じです

2014年8月6日6




茶道をされてるお客様で

きものは地味な色が多いため

あまり地味になりすぎない

道行コートにしたかったという

そのご希望にバッチリ

あう出来上がりですね!


落ち着いた

エンジ色の赤みが

渋い色の着物と合わせると

素敵なコーディネイトが

できますね!!





上から色をかけて

こんな風に

染め上がるんだ!

ということを

ぜひ知っていただきたいと

いうことで

お客様にお願いして

写真掲載許可頂きました

快諾いただけて有難いです


なので写真は無断転用しないでくださいね





このお仕事は

1解く
2下洗い(生地を洗う)
3希望の色に染める
(色は抜かないで上からかける)
4お仕立て


この工程になります

染めあがりの状態によっては

張りがないときは

少し張りをもたせる加工が

追加されることもあります





どれくらい金額かかるの?

って思いますよね


今回は

48500円(別)

になりました



着物や羽織でも

染めができます

今回とは違って

一旦色を抜いて

そこからご希望の色に染めることも

できますので

ご希望にあわせて

ご提案させていただきます

どうぞお気軽にご相談ください
ヾ(゚ω゚=)人(=゚ω゚)ゞ







こちらもどうぞ
楽しみにお越しくださいませ


あなたを想ふナツノソラ
-三品雅子展-


◆会期
24年8月1日(金)~31日(日)

※お盆休み:10日(日)~16日(土)



◆時間
月-金 10~18時
土日祝 10~17時



◆場所
静京呉服京染店
(しずきょう ごふく きょうぞめてん)

大阪市中央区谷町6丁目8-12

06-6761-6764




フェイスブックページはじめました
いいね!してやってもらえると超ハッピーです♪
http://www.facebook.com/shizukyou


日々のブログのパワーになります
下のバナーをクリックしてやってくださーーーい!!!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com


コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-17:30
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。