弓浜絣についておしゃべり【綿から糸へ】

弓浜絣展 -知ってください弓浜絣の魅力-

会期 2014年9月26日(金)~9月28日(日)
時間 10:00~17:00
場所 静京呉服京染店(しずきょうごふくきょうぞめてん)
    大阪市中央区谷町6丁目8-12



↑弓浜絣を知って欲しい!
という気持ちで企画したイベントです↑↑↑↑↑


その前に

どんなものなの?という

お話をしたいと思います


産地である鳥取県西部の弓浜

こちらでは綿の栽培がされています


日経新聞にわかりやすい記事があったので下記に転記します

◆鳥取県境港市の弓浜半島では、

江戸時代前期の300年以上前から

綿の栽培が行われていた。

かつて鳥取県西部は伯耆国(ほうきのくに)と

呼ばれたことから栽培された綿は

伯州綿(はくしゅうめん)といわれ、

北前船によってその名は全国に知れ渡った。

しかし、1896年(明治29年)の関税撤廃により

外国産綿が国内で流通するようになると

伯州綿栽培は衰退していった。

境港の伝統的な織物、弓浜絣(ゆみはまがすり)の

原料として伯州綿の栽培は一部で続けられた。

2008年、境港市は地元農家に残る種から伯州綿栽培を始め

今日まで栽培規模を増やしている。

市と地元職人は伯州綿と弓浜絣の純国産復活を目指す◆




弓浜絣の原料として綿を一生懸命

栽培されているんですね


その伯州綿、

弾力があって

軽くて

暖かい

嬉しい特徴いっぱいです

そして!!

農薬や化学肥料を使っていない国産綿!!!

すばらしいです

体に嬉しいことばかりです!!!

もっと目を向けられてもいいはず。と思う

素晴らしい伯州綿です




綿。のお話でアツくなってしまいましたっっ(●o≧д≦)o






さー!
ここからは糸へ反物への道のりが始まります



ワタシが、弓浜絣の大阪での展示会で

職人さんに親切丁寧に教えて頂いた

内容と写真になります






収穫された綿の中には種が入ってます

この種を採る作業
2014年9月11日5

ゴリゴリゴリ。。。と回すと

綿と種がちゃんと分かれました♪




綿をまとめます
2014年9月11日4

ふわふわ~

ファーファのぬいぐるみのよう。。。
でも顔がないですね。。




ふわふわの綿を糸繰りできるように準備
あのみんな大好き駄菓子の“うまい棒”
そうですうまい棒くらいの大きさ
(他に表現ないのかワタシ(^^;))
2014年9月11日3



うまい棒の大きさになった

ふわふわを糸にする工程です

2014年9月11日8







こんな風になります
2014年9月11日6



ようやく糸になりましたね!
やったーーー!






って・・・

これからです

これから染めたり織ったりたくさん工程あります

ですので

長くなりますので

続きをまた書きたいと思います

楽しくお付き合いくださると

嬉しいのであります~

よろしくお願いしまーーーす★



弓浜絣展 -知ってください弓浜絣の魅力-

会期 2014年9月26日(金)~9月28日(日)
時間 10:00~17:00
場所 静京呉服京染店(しずきょうごふくきょうぞめてん)
    大阪市中央区谷町6丁目8-12



フェイスブックページはじめました
いいね!してやってもらえると超ハッピーです♪
http://www.facebook.com/shizukyou


日々のブログのパワーになります
下のバナーをクリックしてやってくださーーーい!!!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


静京呉服京染店
(しずきょうごふくきょうそめてん)
大阪市中央区谷町6-8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com

コメントの投稿

非公開コメント

クリックお願いします
プロフィール
下町の雰囲気が残る大阪の谷町6丁目にて1946年創業。着物に関するお仕事、悉皆・着付・販売をしています。 特にリメイクには力を入れています。着物から日傘に作り変える“きもの日傘”帯を椅子に作り変える“帯スツール”など 着物を着る方にも着物を着ない方にとっても着物を生かして頂ける事を大事にお仕事をしております。

静京呉服京染店

Author:静京呉服京染店
大阪府大阪市中央区谷町6丁目8-12
06-6761-6764
http://sizukyou.com
OPEN 12:00-18:00
CLOSE 日・月・祝

カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク